デイサービス ジョイリハ | 介護予防に特化したリハビリ施設

文字サイズ
資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ
1日3時間のリハビリ習慣 ジョイリハ > ジョイリハからの豆知識

スタッフブログ

スタッフブログ

2018.11.21

下半身のトレーニング【お尻編】

公開日:2018.11.21

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「下半身のトレーニング」についてです。

部位別にご紹介します。

 

第4回目は「お尻」のトレーニングです。

下半身を鍛えることで得られる効果には、以下のものが挙げられます。

 ・転倒予防効果

 ・代謝が高くなる

 ・血液の循環が良くなる

 ・怪我の防止  など

 

ではここからは実際の運動の紹介です。

【毎日できる下半身トレーニングメニュー~お尻編~】

 ※最初に記載した効果にプラスして、下記の効果もあります。

 ・体を支えてくれる

 ・バランス力の向上

 

◆その6:ヒップリフト

 ①仰向けに寝ます。

②膝を軽く曲げます。

③お尻を上げた状態で30秒キープ!

 ★ポイント★

 膝の先から鎖骨までが一直線になるよう意識してお尻を持ち上げましょう。

※ さらに負荷を高めたい場合は、片方の足の足首をもものあたりに乗せ、

    片足で行いましょう。

 

◆その7:ヒップアブダクション

①横向きになり、下にある足の膝を軽く曲げます。

②太ももの力を抜いて上にある足を上げます。

 (→お尻の横を鍛えます。)

 ★ポイント★

  肩からくるぶしが一直線になるように意識して行います。

  踵を遠くに押し出すように上げると効果的です。

③反対も同様に行います。

 

今回も2つの運動をご紹介しました。

前回まで紹介した運動より少し難易度が高くなっていますので

無理ない範囲で行ってみてください。

 

次回も「下半身のトレーニング」についてです。


★街いちばんの元気な場所へ。

私たちジョイリハの使命は、高齢化の進む地域社会において、
 心と身体の「健康」をサポートすること。
 1日3時間という短時間のリハビリ習慣を通じて、
これからも、人々の「元気」を生み出してまいります。

デイサービス(通所介護)ジョイリハの情報はこちら

2018.11.19

下半身のトレーニング【太もも編③】

公開日:2018.11.19

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「下半身のトレーニング」についてです。

部位別にご紹介します。

 

第3回目も「太もも」のトレーニングです。

下半身を鍛えることで得られる効果には、以下のものが挙げられます。

 ・転倒予防効果

 ・代謝が高くなる

 ・血液の循環が良くなる

 ・怪我の防止  など

 

ではここからは実際の運動の紹介です。

今回も「スーパーセット法」に基づいて、運動を紹介します。

 ※スーパーセット法については前回載せているので、是非前回の記事も

  ご覧ください。

 

 

【毎日できる下半身トレーニングメニュー~太もも編③~】

◆その4:太もも表側のチューブトレーニング

   ※最初に記載した効果にプラスして、下記の効果もあります。

   ・つまづき予防

   ・膝の痛みの軽減

①足を肩幅に開いて椅子に座り、チューブをももの下を通し

 膝あたりで蝶々結びします。

②体は正面のまま、右足を上に持ち上げます。

 上げて下ろすの動作を10回ほど繰り返し行います。

 ③左足も同様に行います。

 

◆その5:太もも裏側のボールトレーニング

   ※最初に記載した効果にプラスして、下記の効果もあります。

   ・歩幅が広がる

   ・膝の痛みの軽減

①ボールを膝の裏側で挟みます。

②ボールを太ももの裏側で挟み潰すようにします。

 挟んで緩める動作を10回ほど繰り返し行います。

③左足も同様に行います。

  

今回も2つの運動をご紹介しました。

無理のない範囲で取り組んでみましょう!

 

次回も「下半身のトレーニング」についてです。


★街いちばんの元気な場所へ。

私たちジョイリハの使命は、高齢化の進む地域社会において、
 心と身体の「健康」をサポートすること。
 1日3時間という短時間のリハビリ習慣を通じて、
これからも、人々の「元気」を生み出してまいります。

デイサービス(通所介護)ジョイリハの情報はこちら

2018.11.16

下半身のトレーニング【太もも編②】

公開日:2018.11.16

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「下半身のトレーニング」についてです。

部位別にご紹介します。

 

第2回目も「太もも」のトレーニングです。

下半身を鍛えることで得られる効果には、以下のものが挙げられます。

 ・転倒予防効果

 ・代謝が高くなる

 ・血液の循環が良くなる

 ・怪我の防止  など

 

ではここからは実際の運動の紹介です。

今回は「スーパーセット法」に基づいて、太ももの外側と内側の

トレーニングを合わせてご紹介します。

 

※スーパーセット法とは?!

トレーニングを効率的に行う方法で、鍛えたい部位の

表と裏を連続して鍛えるトレーニング法です。

 

【毎日できる下半身トレーニングメニュー~太もも編②~】

◆その2:太もも外側のチューブトレーニング

   ※最初に記載した効果にプラスして、下記の効果もあります。

     ・立位でのバランスが取りやすくなる

   ・歩行が安定する

 

①足を肩幅に開いて椅子に座り、チューブをももの下を通し

 膝のあたりで蝶々結びします。

②体は正面のまま、足を右に大きく開きます。そしてゆっくりと元に戻します。

 この動作を10回程度繰り返します。

③反対も同様に行います。

 

◆その3:太もも内側のボールトレーニング

   ※最初に記載した効果にプラスして、下記の効果もあります。

   ・立位でのバランスが取りやすくなる

   ・尿失禁予防

 

①ボールを膝あたりに挟みます。

②ボールを潰すように足を内側に閉じます。そしてゆっくりと元に戻します。

 この動作を10回程度繰り返します。

  

今回は2つの運動をご紹介しました。

無理のない範囲で取り組んでみましょう!

 

次回も「下半身のトレーニング」についてです。


★街いちばんの元気な場所へ。

私たちジョイリハの使命は、高齢化の進む地域社会において、
 心と身体の「健康」をサポートすること。
 1日3時間という短時間のリハビリ習慣を通じて、
これからも、人々の「元気」を生み出してまいります。

デイサービス(通所介護)ジョイリハの情報はこちら

2018.11.14

下半身のトレーニング【太もも編①】

公開日:2018.11.14

おはようございます。

本日から5回にわたってデイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「下半身のトレーニング」についてです。

部位別にご紹介します。

 

第1回目は「太もも」のトレーニングです。

下半身を鍛えることで得られる効果には、以下のものが挙げられます。

 ・転倒予防効果

 ・代謝が高くなる

 ・血液の循環が良くなる

 ・怪我の防止  など

 

ではここからは実際の運動の紹介です。

【毎日できる下半身トレーニングメニュー~太もも編①~】

  ◆その1:太もも前面のストレッチ

トレーニングを始める前に筋肉をほぐしていきましょう。

 

①足の裏がしっかりと床につくように椅子に座ります。

②上半身を右に向けて座り、左膝を真下に向けて太ももの全面を伸ばします。

 ※ポイント:手で背もたれを持つと安全に行えます。

③反対も同様に行います。

★しっかりと伸ばしたい場合は足を後ろへ引きましょう。

(右足)          (左足)

      

伸ばしている際は、息を止めずに行うよう意識しましょう!

 

次回も「下半身のトレーニング」についてです。


★街いちばんの元気な場所へ。

私たちジョイリハの使命は、高齢化の進む地域社会において、
 心と身体の「健康」をサポートすること。
 1日3時間という短時間のリハビリ習慣を通じて、
これからも、人々の「元気」を生み出してまいります。

デイサービス(通所介護)ジョイリハの情報はこちら

2018.11.12

交通事故と高齢者の関係【秋の話題⑤】

公開日:2018.11.12

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「秋の話題」についてです。

 

最後である第5回目は「交通事故と高齢者の関係」に関してです。

 

自動車の安全性能の進化や交通マナーの浸透などにより、

交通事故による死者数は年々減少していますが、その一方で、

65歳以上の高齢者が占める死者数の割合は増加しています。

(参照:警視庁HPより)

 

では、なぜ「秋の話題」で交通事故に関してなのでしょうか?

実は交通事故は「」に注意しないといけない理由があります。

●年間を通して交通事故の発生件数を見ると、10月から増え始め

  12月にピークを迎えている。

●全体の1/3が夜間で、18時~20時に事故が多い。

 

つまり秋に事故が増える理由は、帰宅や買い物で人や交通量が

多くなった時間帯と徐々に暗くなって視認性(見やすさ)が悪くなる

日没前後の時刻が重なるためと考えられています。

 

死亡事故は、歩行者が約半数を占めており、

次いで自動車・自転車・バイクの順で多いそうです。

 

政府広報からは、高齢者向けに以下の注意点が挙げられています。

①交通ルールを厳守!

 (信号順守・歩道橋や横断歩道の活用など)

②身体機能の変化を認識し、ゆとりを持った行動を!

 (判断力が低下するため)

③道路の横断や交差点の通行時は十分な安全確認を!

 

このほかに歩行者にもおすすめの対策として

●白や黄色などの明るい服の着用を心がける

●反射材をつける

などの工夫ができます。

不慮の事故が起きないよう、慣れている道でも安全を心がけましょう!!

 

次回は「下半身のトレーニング」についてです。


★街いちばんの元気な場所へ。

私たちジョイリハの使命は、高齢化の進む地域社会において、
 心と身体の「健康」をサポートすること。
 1日3時間という短時間のリハビリ習慣を通じて、
これからも、人々の「元気」を生み出してまいります。

デイサービス(通所介護)ジョイリハの情報はこちら

12345...102030...

カテゴリー

資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。TEL:03-6659-6491
資料請求・お問い合わせ

最新の記事

カテゴリー