デイサービス ジョイリハ | 介護予防に特化したリハビリ施設

文字サイズ
資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ
1日3時間のリハビリ習慣 ジョイリハ > ジョイリハからの豆知識

スタッフブログ

スタッフブログ

2019.05.27

5月病~原因と症状~

公開日:2019.05.27

おはようございます。

本日デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「5月病」についてです。

皆様は今年、5月病になっていませんか?

なってしまった方、ならなかった方、来年5月病にならない為にも

原因と予防策をお伝えします!

☆5月病とは?☆

5月の連休後に憂鬱になる・・・

なんとなく体調が悪い・・・

会社に行きたくない・・・

などの軽いうつ的な気分に見舞われる症状のことをいいます。

以前は新入社員に多く見られましたが、

現在は中高年の方も増加しています。

 

☆原因は?☆

主な原因はストレスや疲労です。生活環境の変化もストレスの原因になります。

 

☆症状は?☆

・眠れない

・頭痛がする(頭がボーっとする)

・疲れやすい

・仕事や家事がテキパキこなせない

・やる気が出ない

・気分が落ち込む

・何も興味がわかない

・不安や焦りがひどくなる

など、身体的なものから精神的なものまで様々です。

 

5月病だからそのうち治るだろう・・・と侮っていると

これらの症状が長引くと、うつ病に進行することがあるため、思い当たる症状が

あるときは、早めに心療内科や精神科を受診することが大切です。

 

次回は「5月病の予防策」についてです。

★街いちばんの元気な場所へ。
私たちジョイリハの使命は、高齢化の進む地域社会において、
心と身体の「健康」をサポートすること。
1日3時間という短時間のリハビリ習慣を通じて、
これからも、人々の「元気」を生み出してまいります。
デイサービス(通所介護)ジョイリハの情報はこちら

2019.05.24

糖尿病と食事【糖質制限とカロリー制限】

公開日:2019.05.24

おはようございます。

本日デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「糖尿病と食事」についてです。

 

糖尿病の方や予備軍の方は、食事に気を遣っているかと思います。

「カロリー制限」をすべきなのか?

「糖質制限」をすべきなのか?

今日はこの二つの違いをご紹介します!

※糖尿病の方は治療において自己判断は禁物です。必ず主治医と相談して下さい。

 

☆カロリー制限とは?☆

・質素で食事のボリュームは少なめ

・カロリー計算必須

・低カロリー・低脂肪の食事療法

 

 

 

☆糖質制限とは?

・肉や魚はOK!

・米、パン、麺など糖質が多い食品は控える

・食事のボリュームは変わらないので、ストレスは少ない

 

 

 

最近では健康の為に糖質制限をされている方もいます。

外食でも「糖質制限メニュー」が増えてきました。

 

また二つの制限の他にも

・よく噛んでゆっくり食事をする

・野菜を最初に食べ、ご飯などの炭水化物を最後に食べる

・酢や脂質と糖質を同時に食べる(例:パン(糖質)にバター(脂質)を塗って食べる)

この3つのポイントを意識して食事を摂ると、血糖の上昇を穏やかにする事ができます。

病気の予防や健康の為、普段の食事から意識してみてはいかがでしょうか?

 

次回は「5月病」についてです。

★街いちばんの元気な場所へ。
私たちジョイリハの使命は、高齢化の進む地域社会において、
心と身体の「健康」をサポートすること。
1日3時間という短時間のリハビリ習慣を通じて、
これからも、人々の「元気」を生み出してまいります。
デイサービス(通所介護)ジョイリハの情報はこちら

 

 

2019.05.22

糖尿病~傾向と対策~

公開日:2019.05.22

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「糖尿病~傾向と対策~」についてです。

 

★糖尿病ってどういう状態???★

インスリンの作用が十分でないためブドウ糖が有効に使われずに、

血糖値が高くなっている状態のことです。

※インスリンとは、血液中のブドウ糖を筋肉や肝臓などへ取り込み

血糖値を下げる働きを持つ唯一のホルモンのことです。

 

 

★血糖値が上がる仕組み★

食事をすると食品に含まれる糖質がブドウ糖に分解され血液中に送り出されます。

その結果血糖値が上がります。

つまり、普段の食生活を改善すれば糖尿病の予防ができるという訳です!

 

★同じ量の白米を食べてを血糖値を上げにくくする方法★

白米を主食にしている人の場合、 食物繊維を一緒に取ることを意識するだけで、

血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

ご飯と一緒に摂ると血糖値の上昇を抑えてくれる食品

・とろろ ・ひじきやわかめ ・たけのこ 

・しめじ ・こんにゃく

※また、一度冷ごはんにするとお米の中の

デンプン(糖質)のタイプが変化します。

その影響で血糖値の上昇を抑えることができます。

 

★血糖値を急激に上昇させてしまう食品★

飲料に含まれている糖質を摂取することで急激に血糖値を上昇させてしまいます。

普段の生活から糖質の多い缶コーヒーや 清涼飲料水を必要以上に摂取することを

避けるということが糖尿病の予防に繋がります。

生活習慣病とも言われている糖尿病にないためには、

普段の食生活から意識をしていくことが重要です。

次回は「糖尿病と食事~糖質制限とカロリー制限~」

についてです。

 

★街いちばんの元気な場所へ。
私たちジョイリハの使命は、高齢化の進む地域社会において、
心と身体の「健康」をサポートすること。
1日3時間という短時間のリハビリ習慣を通じて、
これからも、人々の「元気」を生み出してまいります。
デイサービス(通所介護)ジョイリハの情報はこちら

2019.05.20

見逃してはならない糖尿病のサイン

公開日:2019.05.20

おはようございます。

本日デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「糖尿病」についてです。

糖尿病にはいくつかの種類があります。

中でも代表的なのが「1型糖尿病」と「2型糖尿病」です。

特に2型糖尿病は全糖尿病患者の9割以上を占めます。

糖尿病を患うと様々な症状や兆候が現れます。

本日は具体的な症状・サインについてお伝えしていきます。

★トイレの回数・尿の回数が増える★

血糖値が上昇すると尿の量が増える為、トイレに行く回数が多くなります。

また、高血糖の状態が続くとブドウ糖を含む尿が排泄されるようになります。

甘い臭いがするのも特徴。

★喉が渇く★

「水分を沢山補給したからトイレの回数が増えた」と考えず、

いつもより多く水分を摂っていると感じたら糖尿病を疑う事も大切です。

★食べているのに痩せる★

糖尿病を患うと、インスリンの分泌量が減ったり十分に効かなくなったりします。

その為、食べた物に含まれるブドウ糖をエネルギーに変える事が難しくなり、

身体が除々に痩せていきます。

★身体が疲れやすい★

ブドウ糖をエネルギーに変えにくくなると、正常な身体活動が難しくなります。

その為、身体がダルい・疲れるなどの症状が現れるようになります。

集中力が低下したり、うつに近い症状が現れることもあります。

その他、手足の痺れやチクチク感・傷が治りにくい・感染しやすいなどが症状としてあります。

これらの症状があるからといって、一概に糖尿病だ!と思う必要はありませんが、

早期発見・治療により悪化を防げる病気の一つです。

予防の為に、食べすぎに気をつける・適度な運動もとても重要です!

健康診断や人間ドックで採血をすれば血糖値はすぐ測れますので、何か身体に異変を感じたらためらわず病院を受診しましょう!

次回は「糖尿病~傾向と対策~」についてです。

★街いちばんの元気な場所へ。
私たちジョイリハの使命は、高齢化の進む地域社会において、
心と身体の「健康」をサポートすること。
1日3時間という短時間のリハビリ習慣を通じて、
これからも、人々の「元気」を生み出してまいります。
デイサービス(通所介護)ジョイリハの情報はこちら

2019.05.20

公開日:2019.05.20

カテゴリー

資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。TEL:03-6659-6491
資料請求・お問い合わせ

最新の記事

カテゴリー