デイサービス ジョイリハ | 介護予防に特化したリハビリ施設

文字サイズ
資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ
1日3時間のリハビリ習慣 ジョイリハ > ジョイリハからの豆知識

スタッフブログ

スタッフブログ

2018.09.21

関節痛の原因・予防

公開日:2018.09.21

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「関節痛の原因・予防」についてです。

 

関節痛とは、炎症や外傷などによって関節部に痛みが生じることであり、

高齢者の病気ではなく、若者にも起こり得ます。

 

原因としては、

①運動過剰による関節の障害

②運動不足による関節の変形

③肥満による過剰な関節への負担

以上3つが原因で関節の軟骨がすり減ることで痛みがあらわれます。

 

特に②③に関しては、関節と関節の間のクッションの役割を果たす

軟骨が加齢や運動不足、肥満による過剰な関節への負担で

変形していきます。

そのため、痛みや動きの障害につながっていきます。

 

関節痛を予防するための

日常生活でできる予防法

を紹介します。

 

適度な運動を行う

自宅でもできる簡単な運動を行い、関節の老化を防ぎましょう。

左右の腿を交互にできるだけ高く上げる腿上げや、

椅子に座って片足を前に伸ばし、5~10秒静止する運動、

ウォーキングなどがおすすめです。

※激しすぎる運動は、かえって関節に負担をかけるので気をつけましょう。

   

〇座位での腿上げ

 〇片足上げから静止

 〇かかと上げ

体重のコントロールをする

肥満は、膝の負担の大敵です。

肥満気味の方は膝にかかる負担を軽くするために、

体重のコントロールを心掛けることが大切です。

 

姿勢と生活様式の見直しをする

猫背のような悪い姿勢は重心が崩れる原因となります。

正しい姿勢を保つようにしましょう。

また、畳の上での生活は立ったり座ったりする動作が多いので

膝に負担がかかってしまいます。

膝のためにはテーブルと椅子、

ベッドを使用することが好ましくトイレも洋式の方が膝に負担を

かけない生活になるでしょう。

 

身体を冷やさないようにする

身体を冷やしてしまうと血液循環を悪化させ、関節痛の原因になります。

38~40度程度のぬるま湯にゆっくりと浸かって

身体を内側から温めましょう。

 

次回は「変形性股関節症」についてです。

 

ジョイリハについてはこちら

ジョイリハに関するお問い合わせはこちら

2018.09.19

ADL低下について

公開日:2018.09.19

おはようございます。

本日、デイサービスジョイリハがご紹介するのは、

ADL低下」についてです。

「ADL」という言葉、皆様は聞いたことがありますか?

「ADL」とは、日常生活動作のことを指します。

日常生活動作とは、どんなものがあるでしょうか?

●食事

●更衣

●移動

●排泄

●整容

●入浴

など生活していく上で、不可欠なものばかりですね!

年をとるとともに、こういった動作のひとつひとつができなくなる、

もしくは時間がかかるようになると「ADLが低下した」とみなされます。

 

ADL」という言葉は、

もともとはリハビリテーション分野で使われていた言葉ですが、

現在は高齢者の生活機能を評価するための尺度としても

用いられています。

 

では、なぜADLの低下が起こってしまうのでしょうか?!

ADL低下の原因について説明します。

 

ADL低下の原因は主に以下の通りです。

●老化

●生活習慣病

●神経疾患

●関節疾患

●認知症

●精神疾患などの各疾患

●薬の副作用

などによって起こります。

 

歩行障害やもの忘れなどの老化に伴うADL低下から、

廃用症候群や認知症などの疾患へとつながる場合もあり

ADLの低下予防のための対策を早期から行うことが望まれます。 

 

こういったADL低下を防ぐためには、

運動と栄養、そして家事や趣味活動を含めた日常生活の遂行

そのものが予防となります。

家から外へ出て、他人とのコミュニケーションの機会や社会的な役割を

担うことで、より生活の幅は広がり、予防としても大きな意味を持ちます。

活動性を維持することがADL低下の予防へと繋がります。

 

皆様も定期的な運動や様々な人とコミュニケーションをとり、

ADLの低下を防いでいきましょう。

次回は「関節痛の原因・予防」についてです。

 

ジョイリハについてはこちら

ジョイリハに関するお問い合わせはこちら

 

2018.09.17

椎体骨折について

公開日:2018.09.17

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは

椎体(ついたい)骨折」についてです。

 

【症状】

1.骨粗鬆症による椎体骨折

   身体を動かしたときの腰や背中の痛み安静にしていると

   楽になることが多い

 

2.腫瘍(しゅよう)による椎体骨折

   動いた時だけではなく、安静にしていても痛みが出ることが多い

 

いずれの場合も、折れた骨が脊髄神経を圧迫すると、

下半身のしびれや痛み、筋力の低下・麻痺などが起こることがあります。

 

【治療】

・コルセットなどで固定し、

 身体が曲がったりねじれないようにする。

 

・骨粗鬆症による椎体骨折は、

 安静にしていれば3~4週間で痛みが取れてくる。

 

・腫瘍によるものは、腫瘍の種類によって

 抗がん剤治療や放射線治療が選択される。

 

では、どのように予防・ケアをすればよいのでしょうか・・・?

 

予防が可能なのは、骨粗鬆症による椎体骨折です。

 

骨粗鬆症にならないためには

・バランスの取れた食事

・禁煙、適量のアルコール

・適度な運動で骨を強くする

・30分~1時間程度の日光浴(おすすめ!)

これらを意識して生活しましょう。

【最後に】

散歩をする習慣がある方は、背中が伸びており、

骨が強く、転びにくくなっています。

また、こまめに家事をするなどの活動的な習慣を取り入れることが

大切です。

 

次回は「ADL低下」についてです。

 

ジョイリハについてはこちら

ジョイリハに関するお問い合わせはこちら

2018.09.14

骨粗鬆症について

公開日:2018.09.14

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「骨粗鬆症」についてです。

以前もご紹介しましたが、今回はより詳しくお話ししていきます。

 

まず、骨粗鬆症とは、どのような病気だったでしょうか?

骨粗鬆症とは、

骨が弱くなってしまいちょっとした事で骨が折れやすい

という病気の事です。

 

健康的な人の骨は中身がつまっていて丈夫ですが、

骨粗鬆症の人は骨の中身がスカスカな状態で穴が空いしまっています。

 

・どんな人が骨粗鬆症になりやすいのか?

女性/50歳以上(特に閉経後)

 

・骨粗鬆症により、骨折を起こしやすい人は

 どのような人なのか?

 

①痩せている

②たばこを吸っている

③お酒を飲みすぎる

④過去に骨折歴がある

 

以上4つの人が骨折を起こしやすい人となります。

 

●骨粗鬆症では、どの骨が折れやすいのか?

①手首(転んで手をついただけでも骨折をする)

②背骨(潰れたり割れるように骨折をする)

③太ももの付け根(躓く程度の転倒で骨折をする)

 

☆骨粗鬆症にならない為には☆

骨にいい食事をすることで、骨を強くさせてくれます。

カルシウムやビタミンDを摂取しましょう。

例としては、

●魚介類(ワカサギ しじみ 干しエビ)

●野菜海藻類(ひじき わかめ 小松菜 チンゲン菜)

●乳製品(牛乳 ヨーグルト)

●大豆製品(納豆 木綿豆腐)

●きのこ類(しいたけ きくらげ)

などがあげられています。

 

以下の骨にいい運動を短い時間でもいいので行ないましょう。

・スクワット運動

・片足立ち運動

・腹筋運動

・片手片足上げ運動

※上記4つは10回程度から始めてみましょう

・30分程度の散歩(骨と一緒に支えている筋肉も強くなる)

 

●生活上の注意点としては、以下の3つです。

①躓かない(移動時は足を高く上げる)

②部屋など暗くしない

③部屋を散らかさない

 

「1回骨折をしてしまい介護が必要になってしまう割合」

100%のうち 11.8%の割合となっています。

☆日頃から予防できる事を行い、生活の質を高めながら

  元気な老後を過ごしましょう。

 

次回は「椎体骨折」についてです。

 

ジョイリハについてはこちら

ジョイリハに関するお問い合わせはこちら

 

2018.09.12

筋萎縮

公開日:2018.09.12

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは

筋萎縮」についてです。

 

「筋萎縮」という言葉を聞いたことがありますか?

筋萎縮とは筋肉が萎縮すること、

つまり筋肉がやせ細ってしまうことを言います。

 

【筋萎縮の種類】

①筋原性・・・筋肉そのものに原因があるもの

②神経原性・・・筋肉に指令や栄養を供給している

       運動ニューロンに原因があるもの

③廃用性・・・なんらかの原因により長期間筋肉を使用せず

                  筋体積が減少したことが原因のもの

 

上記の3つに分けられます。

 

この中で加齢とともに特に注意をしなければならないのは③廃用性です。

 

人間は誰しも年齢を重ね高齢になると筋肉を構成する筋繊維が減少します。

その上、筋繊維自体の萎縮が起こることにより筋肉量が低下します。

加齢による筋力低下というのは、つまり筋萎縮によるものです。

 

このように加齢と共に筋萎縮は起こりますが、

高齢になると活動性が低下しやすく、

病気や怪我の影響からあまり動かない生活に変わりやすくなります。

その結果、さらに活動性が減少してしまい筋萎縮を急速に

進めることに繋がってしまいます。

 

「廃用症候群」という言葉を聞いたことがある方もいると思いますが、

その症状の1つに筋萎縮も含まれているのです。

 

ここまでの説明で加齢によりある程度筋萎縮が仕方ないこと、

活動性が低下するとより萎縮が進んでしまうことは

お伝えできたと思います。

 

では、予防するにはどうしたらよいのでしょうか?

 

●適度に身体を動かす

活動性が低下することで筋萎縮は加速します。

家の中での家事や散歩、ちょっとした体操などでも構いません。

身体を動かすように心がけましょう。

 

●食事の内容を見直す

筋肉を作る栄養素としてたんぱく質が上げられます。

日々の食事でしっかりと取ることが出来ていますか?

下にたんぱく質が多く含まれる食材を紹介しますので、

食事にプラスしてみると良いでしょう。

 

・肉類

・魚介類

・卵

・大豆類

・乳製品

 

適度な運動と栄養バランスが取れた食事を心がけることで

筋萎縮の進行を予防し、活動的な日々を過ごしましょう。

 

次回は「骨粗鬆症」についてです。

 

ジョイリハについてはこちら

ジョイリハに関するお問い合わせはこちら

12345...102030...

カテゴリー

資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。TEL:03-6659-6491
資料請求・お問い合わせ

最新の記事

カテゴリー