デイサービス ジョイリハ | 介護予防に特化したリハビリ施設

文字サイズ
資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ
1日3時間のリハビリ習慣 ジョイリハ > ジョイリハからの豆知識

スタッフブログ

スタッフブログ

2017.12.29

隠れ脱水

公開日:2017.12.29

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「隠れ脱水」についてです。

 

季節も冬となり寒さも厳しくなってきましたが、

皆さん、水分は摂っていらっしゃいますか?

 

今回は夏に多いと思われがちな脱水について書かせて頂きます。

脱水には年2回のピークがあり、それは夏と冬に訪れます。

 

冬の脱水の危険性

・最初は「口の中がネバネバする」、「だるい」といった症状で始まる

・放っておくと「食欲低下」「立ち眩み」などが起こる

・さらに放っておくと「脳梗塞」「心筋梗塞」のリスクを高める

 

〈原因〉

・湿度の低下

季節柄、暖房の使用、住宅性能の向上により乾燥しやすい状態となる

 

・意識の低下

冬は汗をかきにくいため、水分摂取に対する意識が低下しやすい

 

〈予防策〉

・加湿器を使用する

・室内に洗濯物を干す

・バケツに水を張り、タオルを半分入れておく

・朝起きた時、寝る前、トイレに起きた時などに水分摂取する

・ほうれん草、小松菜など緑黄色野菜を食べる

・みかん、りんごなど季節の果物を食べる

 

最後に、筋肉内には水分が多く含まれており、

筋肉量が低下している高齢者は特に脱水に注意が必要と言えます。

 

また、高齢者は喉の渇きも感じにくくなっていますので、

積極的な水分摂取を行い、脱水を防いでいきましょう。

2017.12.27

基礎代謝について

公開日:2017.12.27

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

基礎代謝についてです。

 

「有酸素運動」という言葉は皆さんも普段よく耳にすると思います。

有酸素運動とは長時間継続可能な軽度、または中程度の

負荷の運動のことを言い、

ウォーキングやジョギング、水泳などがあげられます。

 

有酸素運動を行うことで、心肺機能の向上や体脂肪の燃焼、

脳への刺激など様々な効果が期待できます。

 

有酸素運動の効果の1つに「基礎代謝量の向上」があります。

基礎代謝とは摂取したエネルギーを、体温の維持や呼吸など、

生命維持のために利用することです。

従って、この基礎代謝量の高い人の方がより多くのエネルギーを

消費するため、痩せやすい体になると言われています。

 

また、代謝を上げると基礎体温も上がります。

基礎体温が上がることで冷え性の改善や、

免疫力の向上につながり、体を丈夫にする効果も期待できます。

 

「基礎代謝」を向上させるための運動の一つがウォーキングです。

行う目安として『1日合計30分以上の運動を、週3回』といわれています

が、大切なのは運動継続することです。

まずは週1回からでも定期的に行うようにしましょう!

皆さんも無理のない範囲で運動を継続し、

健康な身体を維持しましょう!!

2017.12.25

運動時の意識について

公開日:2017.12.25

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「運動時の意識について」です。

 

普段運動を行う際のご参考にして頂ければと思います。

 

運動の原則といわれるものの中に「意識性の原則」というものがあります。

意識性の原則とは運動の目的・方法・注意点などを意識して

運動を行うことで、より安全で効果的に運動が行えることを意味します。

 

何のために運動を行うのか・どこを動かしているのか

意識しながら行うことがとても重要です。

運動を行う際に意識するところがわからない場合には、

しっかりと確認してから行うことをおすすめ致します。

2017.12.22

水虫

公開日:2017.12.22

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「水虫」についてです。

 

皆様もなんとなく聞いたことのある「水虫」。

家族の中で水虫の方がいるとうつってしまう!痒くなってしまう!

爪が白くなってしまう!という認識はあるかと思いますが、

その原因や症状、感染予防について説明させていただきます。

〈原因〉

水虫は「白癬菌」と言われるカビの一種が皮膚に感染することで

発症します。

 

白癬菌は水虫にかかった人の皮膚から剥がれる角質の中でも

生きているので、それを素足で踏んで付着することでも感染します。

 

菌が付着したからすぐに水虫になるというわけではなく、

傷ついた角質から菌が入り込んだり、高温多湿の環境で感染します。

よって足をキレイに保ち、高温多湿(ずっと靴を履いているなど)を

防ぐことで予防することができます。

 

また免疫力が低下することでも感染確率が高くなりますので、

規則正しい生活を送ることも大切になります。

水虫というと足だけと思う方もいらっしゃいますが、

手や頭にも感染しますのでご注意を。

 

〈症状〉

水虫の症状は「かゆみ」から始まります。

続いて水ぶくれへ。

これを掻いたり刺激を与えることで皮がむけ、

皮膚がボロボロになっていきます。

この状態になると治りづらくなります。

また白癬菌が爪に入り込むことで爪が白くなり、

こちらもボロボロになっていきます。

 

水虫は完治できます。初期症状に気づいたらすぐに受診し、

正しい治療を行うことをオススメします。

2017.12.20

冬至

公開日:2017.12.20

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「冬至」ついてです。

 

冬至とは、1年の中で最も昼(日の出から日の入りまで)の時間が

短い日のことを言います。

例年12月21日~22日に迎え、今年は明後日12月22日が

冬至になります。

 

冬至にはかぼちゃを食べたり、柚子湯に入る風習がありますが、

それは何故か知っていますか?

 

まずはかぼちゃを食べる理由です。

冬至には「ん」のつく食べ物を食べると運が付き、良いとされています。

かぼちゃは「ん」の付かないように思いますが、

別名は「南京(なんきん)」といい、「ん」のつく食べ物になります。

 

運が付く、という理由以外にもかぼちゃにはビタミンAやカロテンが

豊富に含まれており風邪や脳血管疾患の予防にも繋がります。

 

では、柚子湯はどうでしょう?

一説によると運を呼び込む前に身を清めるために

柚子湯に入るのだそうです。

柚子の木は寿命が長く病気に強いことから

柚子湯に入り無病息災を祈る風習と

なったとも言われています。

 

柚子湯は実際に血行を促進し冷え症を緩和し、

風邪を予防する効果があります。

こうして見ると、かぼちゃも柚子湯も風邪を予防する効果があります。

 

今まで冬至だからと何気なくかぼちゃを食べていた、

柚子湯に入っていたという方は

上記の理由を意識してみたらいかがでしょうか?

 

しっかりと風邪予防をして、一番寒い季節である冬を

乗り切っていきましょう。

...10...1819202122...304050...

カテゴリー

資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。TEL:03-6659-6491
資料請求・お問い合わせ

最新の記事

カテゴリー