デイサービス ジョイリハ | 介護予防に特化したリハビリ施設

文字サイズ
資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ
1日3時間のリハビリ習慣 ジョイリハ > ジョイリハからの豆知識

スタッフブログ

スタッフブログ

2018.12.12

冬場の転倒増加

公開日:2018.12.12

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「冬場の転倒増加」についてです。

 

冬場になると、厚着によって動きにくくなったり、寒さで筋肉や神経が

思うように動かなかったりと転倒につながる要素が出てきます。

このように冬場になると何らかの転倒要素が出てくるため注意が必要です。

 

下記に注意点を記載しますので、是非参考にしてみてください。

①室内外の温度差

 暖かい部屋と寒い廊下などの室内外の温度差が大きい場所に出入り

    すると、 血管が収縮して、ふらつきやめまいを引き起こすことが

    あります。可能な限り廊下なども暖房等で温めておくと良いです。

 

②外出時寒いからと言ってポケットに手をいれないように

 外出する時は寒くてポケットに手を入れないよう手袋を使用し、

    気温の低下で路面が凍結して滑りやすくなることもあるため、

    躓いた時でもバランスを自由に動かせるようにしておくことも大事です。  

 

③外出は可能であれば日中に!

 冬場は日没が早く足元が見えにくくなることが転倒の原因になります。

 外出は可能であれば日没までに終えておくのが良いでしょう。

 

④同線に物を置かない

 こたつや電気ストーブのコードに引っ掛かったり、絨毯の角が

 れていて、つまずいたりするケースがあります。なるべく動線に

 置かないようにします。

 マットなどのわずかな段差でも障害になることを認識しましょう!  

様々な要因で冬場の転倒は増えるということですので、

注意して生活していきましょう!

 

次回は「寒い冬こそ運動を!」についてです。

 

★街いちばんの元気な場所へ。

私たちジョイリハの使命は、高齢化の進む地域社会において、
 心と身体の「健康」をサポートすること。
 1日3時間という短時間のリハビリ習慣を通じて、
これからも、人々の「元気」を生み出してまいります。

デイサービス(通所介護)ジョイリハの情報はこちら

2018.12.10

風邪予防の食べ物

公開日:2018.12.10

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「風邪予防の食べ物」についてです。

 

冬場になると風邪などで体調を崩される方が多いと思います。

ということで、本日は風邪予防の効果がある食べ物をいくつか

ご紹介します。

以下の食品を積極的に摂ると免疫力がアップして風邪予防の

効果があると言われていますので、是非参考になさってください。

①ヨーグルト

 

 ヨーグルトに含まれる乳酸菌によって善玉菌が増え、悪玉菌を

 減らすことで腸内環境が整います。腸内環境が整うと、腸内の

 免疫細胞が活性化し、それにより免疫力が高まって風邪の予防に

 なるそうです。170gほど食べるのが良いそうです。

 

②お茶

 

 昔から緑茶を飲むと風邪を引きにくくしてくれると言われていますが、

 お茶の中に含まれる【L-テアニン】という成分が免疫力を強くする

 そうです。

 緑茶の他に紅茶やカフェインフリーのコーヒーにも含まれています。

③さつまいも

 

 皮膚の免疫力を一番高めてくれる栄養素が『ビタミンA』です。

 このビタミンAを一番効率よく摂取するために最適なのが

 さつまいもと言われています。

④きのこ類

 

 免疫力をアップするのに腸内環境を整えるのがきのこです。

 腸内の善玉菌を増やすことによって免疫力がアップするのですが、

 善玉菌を増やすとなるとヨーグルトや乳製品を思い浮かべる方が

 多いのではないでしょうか。

 善玉菌だけを摂っても悪玉菌を体の中から出さなければ意味が

 ありません。

 ヨーグルトや乳製品には食物繊維が含まれていないために腸内の

 悪玉菌などの老廃物を体の外へ出すことができません。

 そしてきのこの中でも・・・

 しいたけ、まいたけ、エリンギ、しめじ、なめこ、ヒラタケなどが

 特に良いとされています。

 

きのこにはその他にもコレステロール値を下げたり、便秘解消にも

効果があるので積極的に食べるように意識してみてください。

日々の食べ物で寒い時期の風邪予防にも努めていきましょう!!

 

次回は「冬場の転倒増加」についてです。

 

★街いちばんの元気な場所へ。

私たちジョイリハの使命は、高齢化の進む地域社会において、
 心と身体の「健康」をサポートすること。
 1日3時間という短時間のリハビリ習慣を通じて、
これからも、人々の「元気」を生み出してまいります。

デイサービス(通所介護)ジョイリハの情報はこちら

2018.12.07

寒い時期の高血圧予防

公開日:2018.12.07

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「寒い時期の高血圧予防」についてです。

 

前回、この時期高血圧の方は特に注意が必要という話しをしましたが、

今日はそのことについてもう少し詳しく書いていきます。

 

【1】そもそも高血圧だとどうなるのか ?

血圧が高い状態が続くと血管がもろくなったり、動脈硬化の進行が早まったり

することで「心筋梗塞」「狭心症」などの虚血性心臓病の発症頻度が高くなる

ことが知られています。


また、高血圧によって心臓が肥大することもあります。

心臓が肥大することで全身に血液を送り出すポンプの作用が次第に弱くなり、

心不全を起こしやすくなります。

 

【2】高血圧を予防するためには?

1.塩分の取りすぎに注意

薄い味付けを心がけましょう!

麺類の汁は残し、加工食品やインスタント食品の摂取は

できるだけ控えましょう。

2.肥満を防ぐ

肥満は高血圧の進行を助長します。肥満の人は減量に努めましょう。

3.ストレス解消

多忙な生活や精神的な緊張の連続は血圧に悪影響を及ぼします。

できるだけ息抜きをするよう心がけ、睡眠を十分にとりましょう。

4.適度な運動

ウォーキングなどの適度な運動は血圧を下げる効果があります。

日ごろから適度な運動に心がけましょう。

5.たばこやお酒は控えめに

喫煙や過度な飲酒は血圧を上げ、動脈硬化を促進したり

血管に負担をかけますので控えましょう。

以上の5つのことに対して「わかっている」という項目がほとんどかと

思いますが、意識してやるかやらないかで変わってきます。

できることから意識してコツコツと取り組んでみてください。 

 

次回は「風邪予防の食べ物」についてです。

 

★街いちばんの元気な場所へ。

私たちジョイリハの使命は、高齢化の進む地域社会において、
 心と身体の「健康」をサポートすること。
 1日3時間という短時間のリハビリ習慣を通じて、
これからも、人々の「元気」を生み出してまいります。

デイサービス(通所介護)ジョイリハの情報はこちら

2018.12.05

寒い時期の健康管理

公開日:2018.12.05

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「寒い時期の健康管理」についてです。

 

日に日に寒さが増してきましたが、みなさんは風邪など引かないように

この時期注意していることはありますか?

風邪などはもちろんですが、この時期は血圧が高めの人はより注意が

必要です!!!

 

寒くなると、私たちのからだは体温を逃がさないように血管が収縮するので

血圧が上がりやすくなります。

血圧が高めの人は、寒さを感じたり冷たい水などに触れたりした時などは

血圧がさらに高くなり、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす恐れがありますので

次のような状況では特に注意が必要です。

 

①寒い屋外に出たとき

②暖かい部屋からトイレや脱衣所など寒い場所へ移動したとき

③熱いお風呂に入ったとき

④夜間トイレに起きたときや早朝に起きたとき

などです。

 

これからの時期、本当に注意が必要なことばかりですので、

ご自身での体調管理も気をつけながら寒い冬場も元気に

過ごしていきましょう!!

 

次回は「寒い時期の高血圧予防」についてです。

 

★街いちばんの元気な場所へ。

私たちジョイリハの使命は、高齢化の進む地域社会において、
 心と身体の「健康」をサポートすること。
 1日3時間という短時間のリハビリ習慣を通じて、
これからも、人々の「元気」を生み出してまいります。

デイサービス(通所介護)ジョイリハの情報はこちら

2018.12.03

膝関節の働き

公開日:2018.12.03

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「膝関節の働き」についてです。

 

「膝関節」とは膝にある関節で、

「すねの骨」「太ももの骨」「膝のお皿」の

骨が組み合わさってできており、歩行や歩行時の方向転換、

立ち座りなどの動作を行っています。

膝は体の関節でもっとも大きな重荷を受ける関節で、

歩いたり走ったりすると膝には5~7倍の力が加わります。

膝は、まさに二足歩行を支えている関節なのです。

 

年を重ねるにつれ筋肉の衰えや膝の軟骨がすり減り、

膝まわりに痛みが出やすくなります。痛いからと膝を

動かさないでいると太ももの筋力も低下し、関節の動きが

悪くなるため少しずつでも動かしたほうがいいです。

 

では、ご自宅でできるおすすめの運動を紹介します。

<膝の伸展運動>

①椅子に深く腰掛け、片足をゆっくりと時間をかけて水平に膝を伸ばします。

②膝を伸ばしたままを5秒間維持し、ゆっくりとおろします。

 ※左右どちらも行いましょう。

 

とても簡単でテレビを見ながらでも実施できますので、膝の痛みが気になる方

もしくは膝に痛みが出る前に予防したい方は是非実践してみてください。

 

次回は「寒い時期の健康管理」についてです。

 

★街いちばんの元気な場所へ。

私たちジョイリハの使命は、高齢化の進む地域社会において、
 心と身体の「健康」をサポートすること。
 1日3時間という短時間のリハビリ習慣を通じて、
これからも、人々の「元気」を生み出してまいります。

デイサービス(通所介護)ジョイリハの情報はこちら

カテゴリー

資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。TEL:03-6659-6491
資料請求・お問い合わせ

最新の記事

カテゴリー