デイサービス ジョイリハ | 介護予防に特化したリハビリ施設

文字サイズ
資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ
1日3時間のリハビリ習慣 ジョイリハ > ジョイリハからの豆知識

スタッフブログ

スタッフブログ

2018.04.20

サルコぺニア

公開日:2018.04.20

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「サルコぺニア」ついてです。

 

サルコぺニアとは加齢や疾患により筋肉量が減少することで握力や

下肢筋、体幹の筋力など全身の筋力低下が起こる事を指します。

 

原因として加齢によるもの、寝たきりや生活スタイルの乱れで起こるもの、

疾患によるもの、栄養不足によるものなどが挙げられ、

筋力低下だけでなく加齢に伴う骨格筋量の低下や身体能力の低下が

見られることで診断されます。

 

治療は大きく3つに分けられ、運動療法と栄養療法、薬物療法があり、

運動療法では筋力トレーニングと軽く息が上がる程度の有酸素運動

効果的だと言われています。

栄養療法としてはタンパク質の摂取が必要となりますが、

疾患によっては過度な摂取が望ましくない場合があるので

医者や栄養士への相談が必要です。

 

ここまではサルコぺニアについて、実際に診断を受けた場合について

紹介しましたが、以下ではそうならない為の予防法をご案内します!

 

 

治療法にもありましたが、サルコぺニアを予防するのに重要なのは

適度な運動をすること、バランスの取れた食事を摂ること、

生活習慣を見直すことです!

その中でも行いやすい運動をいくつかご紹介します。

 

①体幹トレーニング:ドローイン

仰向けになり、膝を軽く曲げて足を立てます。

お腹に手を当て、息を吐きながらお腹を凹ませていきます。

②下肢筋トレーニング:腿上げ

椅子に座り、片側の膝を伸ばしながら腿を椅子から離すように

高く上げていきます。

その状態で5秒程度キープして下ろします。

※余裕があれば、腿を上げた状態で膝の曲げ伸ばしも行ってみましょう。

どちらも手軽に行い易い運動ですので、ぜひお試しください。

 

また、運動と合わせてバランスのとれた食事、規則正しい生活を心掛けて

サルコぺニアを予防していきましょう!

2018.04.16

高齢者の基本運動

公開日:2018.04.16

 おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは

「高齢者の基本運動」についてです。

 

 

良好な健康状態を維持するため、18〜65歳の成人は

身体活動性のあるライフスタイルを維持する必要があります。

そのための運動として3つの基本運動があります。

この3つの基本運動に加えて、65歳以上の高齢者は転倒リスクを

減少するため、バランスの維持・改善運動を行う必要があります。

転倒して骨折すると筋力低下や歩行機能の低下、

場合によっては認知機能も低下することがあります。

最悪の場合、寝たきりになりご自身で歩いたり

出かけることができなくなってしまいます。

これらを防ぐためにも、ぜひ日々の生活の中で運動を行っていきましょう。

 

本日はバランス運動をご紹介します。

①手すりやテーブル、椅子の背もたれなどにつかまる

②体をまっすぐ保ったまま、ゆっくりと片足を横に広げる

 ※つま先は正面を向けたまま行う

③ゆっくり足を閉じる

これを左右10回ずつ行ってみましょう。

大きく動かすことよりも、正しい姿勢で行うことが大切です。

いつまでもご自身の足で歩けるように、ぜひ行ってみてください。

2018.04.16

脳卒中

公開日:2018.04.16

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは

「脳卒中」についてです。

 

近年日本では高齢化がすすみ、

それとともに脳卒中患者数も増加傾向にあります。

医学の進歩により、脳卒中による死亡数は減少傾向にありますが

それでも約12万2千人と、がん、心疾患、肺炎についで

死亡原因の第4位となっています。

 

さらに脳卒中が恐ろしい病気だとされているのは、生命が助かったとしても

様々な後遺症が残ってしまうことが多いためです。

脳卒中は介護が必要とされている原因の第1位にあげられています。

 

しかしながら脳卒中について聞いたことはあるけども、

実はあまりよく知らないという方も多いと思います。

 

●脳卒中とは

脳卒中とは脳の血管が破けたり、詰まったりして

その先の細胞に栄養が届かなくなり、

脳のはたらきに障害が起きる疾患です。

 

脳卒中は原因により「脳の血管が詰まるタイプ」と

「脳の血管が破れるタイプ」の二つにわけられます。

また、さらにその中でも詰まる原因や血管の破れる場所によって

細かくわけられます。

●脳卒中による身体機能の障害

身体機能の障害は脳の障害を受けた場所により異なる症状が現れます。

マヒなどの症状は脳卒中が起こった場所とは

反対側の手足にあらわれることが特徴です。

症状や程度は患者様によりさまざまですが、

主に次のようなものがあります。

 

片マヒ

脳卒中による身体機能障害で最も多くみられるものです。

身体の片側がマヒになり動かしにくくなります。

痙縮(手足の筋肉のつっぱり)

筋肉が緊張しすぎる状態で、関節が固まりやすくなります。

言語障害

ろれつが回らず話しにくくなったり、言葉がでてこなくなったり、

言葉が理解できなくなったりします。

感覚障害

しびれたり、暑さや冷たさ、圧迫感などを感じにくくなります。

その他

上手く飲み込みにくい、理解する能力低下、

うつなどの症状があらわれます。

●脳卒中のリハビリ

脳卒中の後遺症は患者様の日常生活に大きな影響を及ぼします。

そのため障害された機能を回復させたり、

維持するためにリハビリを行います。

リハビリは急性期、回復期、維持期の

3つの時間にわけられすすめられます。

 

・急性期(発症直後~数週間くらい)

関節が固まるのを防ぐため出来る範囲で関節を動かしたり、

筋力を維持するため基本的な動作訓練を行います。

・回復期(数週間~数か月くらい)

歩行、着替え、食事など日常生活に必要な動作訓練を行います。

・維持期(数か月~6ヶ月目以降)

自宅などに戻り、日常生活の自立や社会復帰を

目指したリハビリを行います。

脳卒中を発症した方でジョイリハをご利用されている方も

多くいらっしゃいます。

発症後もリハビリを継続して続けることである程度の回復が見込まれる

という報告もあります。

ぜひ楽しく継続してリハビリを続けていきましょう。

 

●まとめ

脳卒中についての理解を深めることができたでしょうか?

実は脳卒中になりうる方の特徴として以下のことがあげられます。

当てはまる方は要注意です!

改めて生活を見直してリスクを下げるようにしていきましょう。

そして脳卒中についての理解をより一層深め、

安全で楽しい生活を過ごしましょう。

2018.04.13

めまい・車酔いと目の機能

公開日:2018.04.13

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「めまい・車酔いと目の機能の関係」についてです。

 

皆さんはめまいや車酔いの経験はありますか?

人によってめまいや車酔いをしやすい人や全くしない人など

様々だと思います。

中には昔は全然しなかったけれど最近するようになってきたという人も

いるかもしれません。

 

めまいや車酔いは耳の中にある三半規管というものが関係していると

聞いたことがあると思います。

人間は体の傾きや回転、速度変化等といった情報を三半規管で捉え、

脳に送っています。

 

またこの時同時に目からの視覚情報も脳に伝えられ、

2つの情報が統合されます。

 

めまいや車酔いは三半規管からの情報と目からの視覚情報の間に

差が生まれると起こる症状と言われています。

つまり、めまいや車酔いには目の機能も関係していることになります。

 

目が視覚情報を脳に正確に伝えるには目を動かす筋肉が

十分に働くことが必要です。

 

目を動かす筋肉は外眼筋といって全部で6つあります。

それぞれの筋肉が収縮の強弱をつけて滑らかな動きになっています。

日頃、目だけを動かすことは少ないと思いますが、

目だけを動かす運動は重要になります。

 

このように上下、左右、斜め方向に動かしてみてください。

きっと動かしにくい方向があるはずです。

目を動かしているのは筋肉ですので、

定期的に運動を行うことでそれは改善していきます。

 

ただ動かしにくい方向ばかり練習するのでは効果がありません。

先程も言った方に6つの筋肉でいろんな方向に

目を動かしているわけですから、

すべての筋肉を鍛える必要があります。

 

上の写真の8方向の運動を全方向まんべんなく行い、

最後に目を右回り・左回りそれぞれ大きくゆっくりと

3周回してみてください。

これを定期的に行うことで

めまいや車酔いにならないための助けになります。

注意点としては無理をしないことです。

無理に目を強く動かしたり、早く動かしたりすると

めまいを起こしてしまうことがあります。

気を付けましょう。

2018.04.11

「低栄養」について

公開日:2018.04.11

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「低栄養」についてです。

 

最近「体重が減ってきた」、「風邪をひきやすくなった」

と感じていませんか?

年齢が原因だと思いがちですが、低栄養が原因の場合もあります。

 

「低栄養」とは、エネルギーとタンパク質が欠乏し、

健康な体を維持する為に必要な栄養素が足りない状態を言います。

高齢になると、食欲が落ちたり、消化機能が落ちたりすることで、

栄養や水分が十分に摂れなくなることがある為、低栄養に注意が必要です。

低栄養になると下記のような症状が現れます。

また、右の図を見ると肥満による死亡率より

痩せによる死亡率の方が高いことがわかります。

痩せすぎにも注意しなければなりません。

 

低栄養は自覚症状がないことも多く、

本人も周囲も気付きにくいことが多いです。

そのため日頃から体重を測り、体重の変化に気付けるようにしましょう。

また、健康診断を受けたら、体重だけでなく、

BMI(体格指数)や血清アルブミン値にも注意しましょう。

血清アルブミン値は、高齢者の栄養状態を評価する目安になります。

 

 

BMI(体格指数)は、

「体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))」

で求めることが出来ます。

 

高齢期でBMI(体格指数)が20以下の方は、注意が必要です。

ぜひ、計算してみてください!!!

 

※参考画像URL※http://www.meiji.co.jp/meiji-eiyoucare/knowledge/malnutrition/

カテゴリー

資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。TEL:03-6659-6491
資料請求・お問い合わせ

最新の記事

カテゴリー