デイサービス ジョイリハ | 介護予防に特化したリハビリ施設

文字サイズ
資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ
1日3時間のリハビリ習慣 ジョイリハ > ジョイリハからの豆知識

スタッフブログ

スタッフブログ

2018.01.17

踏ん張り強化

公開日:2018.01.17

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは

「踏ん張り強化」についてです。

 

皆さんは普段、”足の指”を意識しているでしょうか。

実は足の指というのはバランスをとる際に常に動いており

高齢者の転倒予防に大きく関係しています。

 

足の指で握る力を把持力(はじりょく)と言い、

この把持力が弱くなると体重が移動した時に踏ん張りが効かず

バランスを崩し転倒してしまいます。

 

年齢を重ねるにつれてこの把持力が低下し、

特に85歳を過ぎると低下が著しくなります。

その分、転倒のリスクも高くなるのです。

 

また廃用性症候群などで長期間歩行や立位をしていない方や麻痺のある方、

大腿骨頸部骨折などで足の指にしっかり荷重できずに過ごされてきた方も

足の指に可動域制限がありしっかりと機能していない場合があります。

 

そこで、今回は転倒予防に向け、足の把持力を鍛える方法を

ご紹介致します。

 

①タオルギャザー

タオルを床に敷き、足の指でタオルを自分の方へ引き寄せます。

ゆっくり足の指を大きく動かすことと、

指の付け根の関節を動かすことがポイントです。

また、お手玉などを足の指で掴みカゴに入れるといった方法もあります。

 

②踵上げ運動

 

体を前に倒しながら背伸びをすることで足の指に全体重が乗るため、

自然と足の指が床を把持しようとします。

垂直方向に背伸びをするだけだと足の指に負荷がほとんどかからないので

体を前に倒して行うことがポイントです。

 

足の指はバランスの能力や円滑な歩行動作に大きく影響を及ぼしており

これらの運動を行うことで足の指を曲げる筋肉を鍛えることができます。

 

人の老化は足からくると言われています。

転倒が増えてきた、バランス力が低下してきたと感じる方は

足の把持力を鍛え、転倒予防に努めましょう。

2018.01.15

狭心症・心筋梗塞の予防方法

公開日:2018.01.15

おはようございます。

本日、デイサービスジョイリハがご紹介するのは

狭心症・心筋梗塞の予防方法についてです。

 

狭心症や心筋梗塞は、心臓の血流障害が原因で起こります。

暖かいところから急に寒いところに移動すると、

血管が収縮して血圧が高くなり、心臓に負担がかかることで

狭心症や心筋梗塞が起こりやすくなります。

暖かい家の中から冷たい風が吹く屋外へ出るときや、

暖房の効いた部屋から風呂場やトイレに行くときなど、

気温差があるときは、注意しましょう。

予防方法として適度な運動方法をお伝えします。

 

【方法】

①利き手側の足が前になるように立つ。

 背筋を伸ばし、拳を作ってあごのラインに構える。

②息を吐きながら、利き手の拳をゆっくり前に伸ばし、

 息を吸いながらゆっくり戻す。(ジャブ)

 

③息を吐きながら、反対の拳をゆっくり前に伸ばし、

 息を吸いながらゆっくり戻す。(クロス)

【回数】

ジャブ&クロスで1回  1セット10回

 

【効果】

有酸素運動になりますので血流の流れがよくなります。

 

 

【注意点】

呼吸を止めないように注意しましょう。

脇を締めて行うと運動量がアップします。

 

有酸素運動を行うことで血流の流れがよくなるので、

冷え性対策にもなります。

こまめに水分補給をしながら行ってみてください。

2018.01.12

胃もたれしていませんか?

公開日:2018.01.12

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハが紹介するのは

大根の栄養についてです。

 

2018年が始まり10日以上経ちました。

年末年始で食べ過ぎてしまったという方もいるのではないでしょうか?

そろそろ食生活を見直し、胃の状態を健康に戻していきたいところです。

そんなときにオススメな食材は、大根です。

今日は大根のことについて少し紹介させていただきます。

 

【大根の有効性】

消化不良や胃もたれの改善

消化酵素が含まれているため、胃の消化・吸収を助ける効果があります。

 

がん予防

イソチオシアネートという辛み成分の一種が、発がん性物質の働きを

抑制すると言われています。

特に根の先端部分に多いです。

 

お肌の状態の改善

ビタミンCも豊富で、特に葉は根の4倍以上ビタミンCが含まれています。

根のビタミンCは皮に近いところに多いため、

薄く皮をむくか、皮ごと食べましょう。

 

大根は生で食べるのがおススメです。

50度以上加熱すると、がん予防の効果が失われてしまいます。

また、時間の経過とともにビタミンCがどんどん失われてしまいます。

すりおろすと効果が増しますので、食べる直前に調理して美味しく、

そして有効的に栄養をとりましょう。

秋冬大根は甘みが強いです。

ぜひ、お食事に取り入れてみてください。

2018.01.08

杖の持ち方

公開日:2018.01.08

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「杖の持ち方」についてです。

 

杖は足腰が弱くなってきた方が歩く際に、

地面について歩行を補助する役割があります。

そのため比較的高齢者の利用率が高いですが、

最近では様々な疾患により年代に関係無く杖を使用されている光景を

見ることがあります。

 

そんな中で普段から杖についての質問や疑問を

ご利用者様に尋ねられる事が多々あります。

今回はその質問の中から、杖(T字杖)の持ち方についてご紹介します。

 

[正しい杖の持ち方]

T字の部分を人差し指と中指で挟み込むように握ります。

または、人差し指を伸ばし杖にそわせると安定して持ちやすく、

杖から地面に力を伝えやすくなります。

[誤った持ち方]

杖の端の部分のみを持つ、もしくは杖の上のT字部分を

反対向きに持つ事です。

杖の上のT字部分はどちらか一方が長くなっている物が多く、

短い方を進行方向に向けるのが正しい持ち方です。

 

杖の端の部分を持ったり杖の上のT字部分の長い方を前に向けると、

手の力を地面に伝え辛くなります。

 

以上が基本的な杖の持ち方になりますが、

疾患等の関係で他の持ち方の方が持ちやすい方もいると考えられますので、

今回の持ち方以外でも大丈夫です。

 

杖は使用する事で歩行のバランスを取る、

下肢の負担を軽減するという目的がありますので、

少しでも歩きやすくなるように使って頂ければと思います。

2018.01.05

浮腫み予防

公開日:2018.01.05

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「浮腫み予防」についてです。

 

日々の生活の中で足の浮腫みに悩んでいる方も多くいらっしゃるかと

思います。

高齢者の浮腫みは、

 

○血の巡りが良くない

○運動不足

○手足の冷え

○長時間同じ姿勢で座っている、立っている

 

などなど、様々な要因で起こります。

 

浮腫みを放置すると歩きにくくなったり、

疲れがとりにくくなってしまいますので、日々の予防が大切です!

 

浮腫みを解消するには、いくつか方法がありますが、

その中から今回は一つ紹介いたします。

 

『血液の循環』を良くすること!!

血液の循環を良くするには次の運動が効果的です。

 

○ウォーキング

家の周りを少し散歩するくらいでも良いです。

歩く事で血の巡りが良くなります。

一人が心配ならご家族様と一緒に歩いてみてください。

○踵上げ運動

椅子に座りながら踵を交互にパタパタパタと

動かす運動でも効果はあります。

なかなか外に出にくい時には行ってみてください。

 

楽しい日々を送る為に少しでもお身体を動かすことが重要ですので、

無理なく行っていきましょう。

 

12345...102030...
資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。TEL:03-6659-6491
資料請求・お問い合わせ

最新の記事

カテゴリー