デイサービス ジョイリハ | 介護予防に特化したリハビリ施設

文字サイズ
資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ
1日3時間のリハビリ習慣 ジョイリハ > ジョイリハからの豆知識

スタッフブログ

スタッフブログ

2018.02.05

「有酸素運動と無酸素運動」

公開日:2018.02.05

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「有酸素運動と無酸素運動」についてです。

 

有酸素運動と無酸素運動の違いをご存知でしょうか?

2つの違いを理解し、使い分けながら運動を実施しましょう!

 

まずは、有酸素運動についてです。

 

有酸素運動とは、ウォーキング、エアロビクス、ゆっくりした水泳、

エアロバイクなどの運動の事で、脂肪燃焼の効果があります。

 

有酸素運動のように、比較的弱い力が継続的に筋肉にかかり続ける時は、

エネルギー源として体内に蓄えられている体脂肪を燃焼させて使います。

その燃焼材料として必要になるのが酸素です。

 

また、有酸素運動のポイントとしては20分以上続けることです。

20分以上続けることで脂肪燃焼が効果的に起こります。

 

では、なぜ20分なのでしょうか?

それは使用される脂肪細胞の種類が違うからです。

 

20分位内に使用される脂肪は血中の脂肪で、

血液をサラサラな状態にする為健康維持のためなら十分な時間ですが、

脂肪細胞を減らすには有効とはいえません。

 

しかし、20分後から使用される脂肪は内臓・皮下脂肪で、

血液中の脂肪分をある程度使い終わると、

ようやく皮下脂肪や内臓脂肪が使われるようになる為、

20分以上が脂肪燃焼に効果的があります。

 

続いては、無酸素運動についてです。

 

無酸素運動とは、筋力トレーニングや短距離走などの運動の事で、

基礎代謝量を増やす効果があります。

 

無酸素運動のように、強い力が瞬間的に必要な時は筋肉に貯めておいた

グリコーゲン(糖質)を主原料として使います。

酸素を必要としないので、短時間しか運動できませんが、

筋肉を鍛えることができます。

 

筋肉をつける事は血液の流れ、酸素の供給などを向上させ

エネルギー消費を多くする為、基礎代謝量を増加させます。

基礎代謝量が増えることにより寝ている時も脂肪を燃やしてくれる為、

痩せる体質になれます。

 

以上が、有酸素運動と無酸素運動の説明になります。

 

エネルギーが必要になると、脳が脂肪を分解してエネルギーを

生成するように命令を出します。

そして、分解された脂肪は血液中に運ばれ全身の筋肉で

エネルギーとして燃焼されます。

 

しかし、運動をしていない筋肉は脂肪を燃やしてくれない為、

使われなかった脂肪はすべて体脂肪として蓄えられていきます。

 

運動しない体の中では、血液中にも脂肪分が溢れてしまい、

高脂血症の原因となります。

 

病気にならない為にも、有酸素運動と無酸素運動を

使い分けていきましょう!

 

2018.02.02

寒さと血圧の関係

公開日:2018.02.02

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「寒さと血圧の関係」についてです。

 

寒さと血圧には、どういった関係性があるのでしょうか。

 

寒くなると、私達の身体は体温を逃がさないように血管が収縮するので、

血圧が上がりやすくなります。

血圧が高めの人は、寒さを感じたり冷たい水などに触ったりした時などは、

血圧がさらに高くなり、心筋梗塞脳卒中を引き起こす恐れがあります。

 

下記のような状況では特に注意が必要です。

 

・寒い屋外に出た時

 

・暖かい部屋からトイレや脱衣所など寒い場所へ移動した時

 

・熱いお風呂に入った時

 

・夜間トイレに起きた時や早朝に起きた時 等

が挙げられます。

 

〈予防法〉

●冬の夜寝ていてトイレに行く時は必ず上着を着用する。

●朝起きたらすぐに動かずに布団の中で身体をほぐしてから

 服を着て暖かくしてから活動する。

 (トイレなどへも上着を羽織、暖かくしてから行く。)

●お風呂などは、手を入れて温度を確認して、

 37℃~40℃を目安に入浴する。

 

上記の予防に努めて、血圧を安定させましょう。

2018.01.31

正しい歩き方

公開日:2018.01.31

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「正しい歩き方」についてです。

 

運動の中でも、道具も何も使わずに誰でも気軽に始められるウォーキング。

ご高齢の方には、特に有酸素運動が健康に良いとおススメされています。

 

歩くのなんて簡単!30分くらい歩けばいいんでしょ!と

安易に考えてはいませんか?

実は、ただ歩くだけといっても、正しい歩き方や、姿勢、歩く速さなど

ポイントがたくさんあります。

せっかく歩くのでしたら、正しい姿勢でかっこよくスムーズに歩き、

効果を高めましょう!!

 

ウォーキングには、健康に良いとされる効果がたくさんあります。

 

【健康効果】

①心肺機能の向上

 

②下肢筋力の向上

 

③体脂肪の減少

 

④高血糖の減少

 

⑤脂質異常症の改善

 

⑥高血圧の改善

 

⑦ストレスの解消

 

【正しい歩き方】

 

①背筋を伸ばして人に見られているような意識を持つ

 

②日常生活より少し早めに歩く

 

③日常生活での歩行より少し大股を心がける

写真のように、正しい姿勢は、猫背にならないように背筋を

ピンと伸ばします。

頭の上から紐で引っ張られているようなイメージで、

下腹部やお尻に少し力を入れるように意識しましょう。

 

【歩く速さ】

高齢者の方の場合、週に2~4回。

30分~1時間ほどの時間を1Kmあたり8~15分ほどの速さで

歩くのが一般的に推奨されています。
 

 

【レベルアップ】

正しい歩き方が分ってきた方や余裕のある方は、歩く時間を長くしたり、

歩幅をさらに広げたりしましょう。

歩く時間が長ければ長いほど脂肪燃焼や体力増強、

爽快感や達成感も高められます。

ただし、その分、怪我をするリスクは高まりますので、

無理をしないように十分注意して行っていきましょう!!

 

是非、歩く時、正しい歩き方を意識して歩いてみて下さい!

2018.01.29

安全な入浴方法

公開日:2018.01.29

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「安全な入浴方法」についてです。

 

入浴は、一日の間に身体についた汗や汚れを洗い流すことで

身体を清潔に保ち、お湯につかることで副交感神経が優位になり、

リラックス効果も期待できます。

 

しかし近年、高齢者の入浴中の事故が増加しています。

そこで、今回は入浴中の事故原因と、それにともなう入浴時の注意点を

ご説明します。

 

入浴中の事故原因で一番多いのが「意識障害」です。

入浴中に意識が飛び、浴槽内でおぼれてしまうケースが増えています。

温熱作用による血流の増加と体にかかる水圧による

血圧の上昇により、高齢者の体に負担がかかる状態になります。

これにより、失神やめまいが起こり、意識障害による

事故につながってしまいます。

 

未然に防ぐためには、湯船の温度を38~40度にし、

入浴時間は10分前後にしましょう。

心臓に負担がかからないようにするには、半身浴がおすすめです。

長湯が好きな方の場合でも、家族で声をかけ、

様子を必ず伺うようにしましょう。

 

 

また、寒い脱衣所と暑い浴室の出入りによって血圧が変動し、

脳梗塞や心筋梗塞に陥りやすい「ヒートショック」も増加しています。

ヒートショックについては、こちらをご覧ください。

 

 

そして、浴室内は非常に滑りやすいため、浴室に入る際や

浴槽から出る際などに転倒してしまい、事故につながる場合があります。

特に高齢者にとっては骨折などの大怪我につながる可能性もあります。

転倒防止のため、浴室の床や浴槽内は滑り止めを付け、

浴槽の出入りのために手すりを設置するとよいでしょう。

また、浴室と脱衣所の間に段差がある場合は、

スノコを置いて段差をなくすと躓きにくくなります。

 

以上のポイントを踏まえつつ、注意喚起を促すことで、

高齢者の入浴事故を防ぐことができます。

 

寒さが厳しくなったこの時期に、安全に、

そして安心して入浴時間を楽しめるよう

注意してみてください。

2018.01.26

からだの冷え予防・解消運動

公開日:2018.01.26

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは

「からだの冷え予防・解消運動」についてです。

 

寒い日が続いておりますが、みなさんの体調はいかがでしょうか?

からだの冷えは体調を崩す原因にもなります。

また血流が滞り、浮腫みや肩こりがひどくなることも。

寒い冬を乗り切るためにどこでもできる簡単なストレッチや運動を

ご紹介します。

 

〈血行を良くするストレッチ&運動〉

 

●足首回し

足指の間に手指を入れて回すと指先まで血行促進

●腿裏ストレッチ

つま先を上げて伸ばすとより効果的

●かかとつま先上げ運動

つま先・かかとを交互に動かしましょう

●手首伸ばし

肘を伸ばして行うことでより筋肉が伸びます

※ストレッチは気持ちいと感じるくらいの強さで

 5秒~10秒程度伸ばしましょう。

 

朝起きたタイミングや夜寝る前のタイミングで

いつでもどこでも行って頂いて構いません。

血行を良くして身体の内側から温かく過ごしていきましょう。

資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。TEL:03-6659-6491
資料請求・お問い合わせ

最新の記事

カテゴリー