デイサービス ジョイリハ | 介護予防に特化したリハビリ施設

文字サイズ
資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ
1日3時間のリハビリ習慣 ジョイリハ > ジョイリハからの豆知識

スタッフブログ

スタッフブログ

2017.08.03

嚥下訓練

公開日:2017.08.03

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「嚥下訓練 ~シャキア訓練~ 」についてです。

 

嚥下訓練には様々なものがありますが、

今回は「舌骨」に注目した嚥下訓練をご紹介します。

 

皆さんは「舌骨」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。

舌骨とは首にある骨の1つで、口を大きく開けたり、

物を飲み込む動作の際に舌骨が固定されたり、動いたりします。

骨なのに動くの?と思われた方もいるのではないでしょうか。

舌骨は上下の筋肉によって支えられているので、上下に動くわけです。

 

多くの方は舌骨は決まった位置に存在していますが、

舌骨についている筋肉が衰えると位置が低くなり食道が

狭くなってしまい嚥下が困難になります。

 

それを防ぐための運動が「シャキア訓練」というものです。

 

方法としては

仰向けになり足元を見るように首だけを動かしその状態を

キープしたり、首の運動を反復するという方法です。

こちらを行うことで舌骨の上についている筋肉を鍛えることができます。

膝は伸ばして行って頂いても構いませんが、膝を曲げて行っていただくと

楽に行うことができます。

見た目は地味な運動ですがやってみると意外ときつい運動になります。

初めは5秒キープしたり、5回反復するなど軽く行える程度の運動で

試していきましょう。

 

2017.08.02

皮膚ガン

公開日:2017.08.02

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「皮膚ガン」についてです。

 

皮膚がんは世界中で多くみられる病気の一つです。

発生のリスクには、日光から放出される紫外線(UV)などがあります。

 

 

この季節、海に出かけたり、BBQなどのイベントが増え、

紫外線を受ける頻度が高くなっていませんか??

 

 

日焼け止めでの予防ももちろんですが、

本日は皮膚がん予防に効果的な食べ物をご紹介させて頂きます。

 

 

①コーヒー

コーヒーに含まれているカフェインに癌をブロックする力があると

言われています。

ある研究で、94000人近くの女性に

カフェイン入りのレギュラーコーヒーを毎日すすらせると、

11%も皮膚がんのリスクを下げた、とあります。

朝の一杯をコーヒーに変えてみてはいかがですか。

 

②イチゴ

イチゴはUV-Aのダメージから肌の細胞を守ってくれることがわかりました。

有害な紫外線から肌を守る上に、ビタミンCが豊富なイチゴは、

肌を若々しくもしてくれます。

 

③ブドウ

ブドウもまた、皮膚がんの主要な原因である紫外線によるダメージから

守ってくれることがわかっています。

ブドウに含まれるフラボノイドは、UV-AとUV-Bにさらされている

肌細胞の中の活性酸素の形成を減らすことが発見されています。

 

フルーツも強い味方ですね!!!

簡単に取りいれられるものばかりですので、食卓にぜひ!!!

2017.07.28

熱中症対策

公開日:2017.07.28

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「熱中症対策」についてです。

 

熱中症の多い時期ですが、皆様はしっかり対策を行っていますか?

だれでも熱中症にかかる危険性がありますが、

普段から気をつける事で防ぐ事ができます。

 

それでは、熱中症対策の方法をご紹介いたします。

 

●水分をこまめに摂る

  喉が渇いていなくても、少しずつで良いのでこまめに水分を摂りましょう。

 スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は、水よりも体内への

  吸収スピードが速く、汗で失われた塩分の補給にもつながります。

 

●塩分をほどよく摂取する

   過度に塩分を摂取する必要はありませんが、

  食事を通してほどよく塩分を摂取しましょう。

  汗をたくさんかく時は特に塩分補給をしましょう。

  しかし、水分や塩分の制限をされている場合は、

 かかりつけの医師などにしっかり相談をし、指示に従いましょう。

 

●室内を涼しくする

   節電などを気にして我慢をする方もいらっしゃると思いますが、

  我慢をせず扇風機やエアコンで室温を適度に下げましょう。

 

●衣服を工夫する

    綿や麻などの通気性のよい生地を選んだり、

 吸水性や速乾性に優れた素材の下着を選んだりと、

    衣服を工夫し温度調整をしましょう。

 

●日差しを避ける

 帽子をかぶったり、日傘をさし直射日光を避けましょう。

 また、なるべく日陰を歩いたりしましょう。

 

これらの方法でしっかり対策をし、楽しい夏を過ごしましょう!

 

2017.07.26

クエン酸

公開日:2017.07.26

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「クエン酸」についてです。

 

皆様、本格的な夏になって参りました。いかがお過ごしでしょうか?

夏と言えば、熱中症でございます。

熱中症対策として、クエン酸は欠かせません。

熱中症の対策として、塩分とミネラルにて失った体内の水分を

摂取いたします。

そこへ、疲労回復の為に、クエン酸が必要となって参ります。

 

クエン酸はどんな食べ物から摂取できるでしょうか?

それは、梅干し.グレープフルーツ.パインアップル等の酸っぱい食べ物から

摂取できます。

皆様、気温もさらに上がり、夏本番になって参ります。

クエン酸を摂取し、体調管理をして参りましょう。

2017.07.24

肥満・BMI数値

公開日:2017.07.24

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「肥満・BMI数値」についてです。

 

いよいよ夏ですね!!!

 

今年の夏こそは、痩せたい!ダイエットのチャンスと

考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

肥満と一言でいっても原因はさまざまで、その原因によって、

痩せる傾向や効果的なダイエット方法が違ってきます。

 

主な原因は以下の5種類あると言われています。

 

暴飲暴食による摂取カロリーオーバー

 

老化や運動不足による基礎代謝量の低下

 

慢性の便秘

 

ホルモンや自律神経のバランスの崩れ

 

食事の変化による微量ミネラルの不足

 

食事が関係することが多いですが、過度なストレス、自律神経にも関わりが

あることが分ります。

当てはまる原因が分かったら、いよいよダイエット開始ですね。

 

しかし、やみくもに体重を落とそうとするのでは、

過度の減量になってしまう可能性もあります。

それでは、健康的な減量になりません。

 

ダイエットがいつも続かない・・・という方は、

目標体重の理想が高すぎていませんか?

ダイエットを継続していく為にも、適切な目標体重を知っておくことが

とても大切です。

 

ダイエットの前に、ご自分がどのくらい減量する必要があるのか

数値を出して目安を確認しておきましょう!

 

<肥満の程度>

BMI=体重/身長²

BMI=18.5未満・・・・・・低体重(やせ)

BMI=18.5~24.9・・・普通体重(普通)

BMI=25~29.9・・・・・前肥満、過体重(肥満度1)

BMI=30以上・・・・・・・・肥満(肥満度2~4)

 

BMI数値を確認し、ご自分の肥満の程度を理解し、

普通体重を目安に少しずつ減量していきましょう。

ここで、BMI数値が普通体重(18.5~24.9)であった場合、

無理なダイエットはおススメしません。

 

普通体重を維持していくように、適度な運動や栄養バランスを

気をつけて生活していきましょう!

 

 

資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。TEL:03-6659-6491
資料請求・お問い合わせ

最新の記事

カテゴリー