デイサービス ジョイリハ | 介護予防に特化したリハビリ施設

文字サイズ
資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ
1日3時間のリハビリ習慣 ジョイリハ > ジョイリハからの豆知識

スタッフブログ

スタッフブログ

2017.04.17

福祉用具について

公開日:2017.04.17

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

福祉用具です!

 

皆さまは「福祉用具」という言葉を聞いたことありますか?

立ち上がりや食事、着替えの時など日常生活の不便を

解消できるかもしれない道具があります。

 

今回は、そんな福祉用具を使った靴下の着脱についてお伝えします。

 

●道具は2つです。

  リーチャーソックスエイドという道具を組み合わせて利用します。

 

リーチャー(フック型):

・腕や腰の動きに制限や痛みなどが原因で、

 目的の位置に手が届かない場合に使用する長い棒状の道具になります。

・先がフックになっているため、物を引き寄せるのに便利で、

 主に更衣動作などに使用。 

 

ソックスエイド:

・足部に手が十分に届かず、靴下をうまく履けない際に

 使用する板状の道具。

 端に紐がついており、引っ張って使用することができます。

・様々な形状、素材の物があるので、用途やお体の状態により

 適切に選択する必要があります。

 

●使用方法

【靴下を履く場合】

①ソックスエイドを筒状に丸めて靴下の中に入れる。

②足元へ置き、ソックスエイドの紐を引きながら、

 靴下に足を入れます。

③つま先が十分に入ったところで踵方向へ引き、

 踵が入ったら上方向に板を引き抜く。

④完全に履けていない場合は、更にリーチャーのフックで

 靴下を引き上げる。

●布製              ●プラスチック製

●リーチャーのフックを引き上げる

【靴下を脱ぐ場合】

●リーチャーのフックを靴下に引っかけて脱ぎます。

 

 

●注意

・足指に変形がある方は、爪先をソックスエイドに入れる時に

 引っかかるので気を付けてください。

・変形性股関節症、リウマチによる股間節疾患の方は

 関節痛があり股関節への負担が大きく、座位バランスや運動範囲に

 影響するので、ソックエイドの紐の長さはよく合わせてください。

 

 

通常、靴下を履く場合は膝を曲げるようにして足を身体に近づけますが、

ソックスエイドを使用すると、この動作が補えるため、

背中・股間節などの動きに制限があっても、

靴下の着用動作が可能になります。

同じ姿勢のまま腕の動きのみでの着用や

リーチャー使用での着脱が出来るため、

重心移動も少なくバランスへの影響は小さく安全です。

 

この様に「福祉用具」は上手に取り入れることで生活動作を

今より楽にお手伝い出来るかもしれません。

他にも、沢山の種類があるので気になる方は

専門家に相談する等してください。おススメです!!

2017.04.14

腰ひねり体操

公開日:2017.04.14

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「腰ひねり体操」についてです。

 

皆様は便秘でお困りではございませんか?

筋力や体力が低下してきた際には

有酸素運動や筋力トレーニングを行っていくなどの対応が

考えられますが、便秘になった際にはどうしますか?

実は便秘解消にも筋力トレーニングというのはとても有効なのです。

便秘解消のためのポイントは腹部周囲の筋肉を鍛える事です!

特に外腹斜筋や腹筋を強化する事が重要です。

強化や腹筋と聞くととても激しい運動を行うような感じがしますが、

そんなことはございません!

 

今回はご自宅にある物を使用し出来る運動をご紹介させて頂きます。  

まず、運動するうえで準備するものはペットボトル2本かタオルです!

 

実際の運動のやり方については、以下の通りです。

①両足を肩幅くらいに広げて立ち、

 両手にペットボトルかタオルを持ち、肩の高さまで

 持ち上げます。

 

②次に、下半身は動かさずに、腹部の動きを意識しながら

 腰を左右にゆっくりとひねります。

※この時のポイントとしては、

 ゆっくりとスロートレーニングを取り入れながら

 行う事です。

 急激に腰をひねると腰痛に繋がる恐れがありますので、

 ゆっくりと行いましょう!!

 

③息を吐きながらひねり、正面に体を戻す際には、

 息を吸いながら行っていきましょう。

今回は立ちながらご紹介しましたが、

上記の図のように座りながらでも行えます。

テレビを見ながらや読書中や朝起きた際などいつでも行えます。

重要なのは継続する事です。 継続は力なり。

是非、今回お伝えした腰ひねり体操を続けて頂ければと思います!!

2017.04.12

花粉症対策

公開日:2017.04.12

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハが紹介するのは

花粉症対策についてです。

 

*花粉症とは

スギやヒノキなどの花粉が目や鼻の粘膜に接触し

体内の免疫細胞が過剰に反応することで引き起こされる

くしゃみ・鼻水・鼻詰まり・目のかゆみなど一連の症状が

特徴的な症候群のこと。

 

日本では、約60種類の植物が花粉症を引き起こすと報告されており、

今や日本人の4人に1人が花粉症と言われています。

 

そんな花粉症を改善するには

過剰な免疫反応を抑え免疫力を高める事が必要です。

 

そこで、花粉症に効く食べ物を紹介致します。

 

①キノコ類

免疫力を高めるビタミン類が豊富に含まれています。

 

②魚介類(青魚)

アジやサンマなどの青魚には

アレルギー体質の改善に大きく貢献するDHAが

多く含まれています。

 

③シソ

過剰に働く免疫機能を正常に戻し、

アレルギー反応を抑えたり

悪玉コレステロールを減少させる働きがあります。

 

④玉ねぎ

ポリフェノールの一種であるケルセチンが

花粉症の改善に効果を発揮します。

 

⑤納豆

含まれている多くの分解酵素が花粉症改善に

貢献してくれます。

 

⑥ヨーグルト

腸の働きを良くする乳酸菌が多く入っています。

腸の状態を良くすることでも免疫機能の改善効果を

得ることができます。

1年間ヨーグルトを食べ続け花粉症の症状が

緩和した例も挙げられています。

 

他にもポリフェノールを多く含むお茶やワイン、

青汁や黒酢など飲み物でも花粉症に負けない体質を作る事ができます。

 

すぐには効果は感じられないかもしれませんが

毎日の積み重ねが免疫力を上げ花粉症の予防に繋がります。

 

マスクや薬での対策だけではなく食生活で体質の改善を図り

快適な春を過ごしましょう!

2017.04.10

「4月病の解消」

公開日:2017.04.10

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「4月病の解消」についてです。

 

一見すると、病気とは無縁に感じる4月ですが、

健康に気をつけるべき点がいくつもあるということご存じでしょうか?

今回は4月に起こりやすい症状と運動方法をご紹介します。

 

 

・症状

 

新年度の始まりと共に「今年こそは○○を頑張ろう」と意識が

高まってしまう軽い躁状態や、年度の変わり目の慌ただしさや

気温の急な上昇から来る一時的な体調不良などがあります。

また、慣れない環境によりストレスを感じやすい時期でもあります。

 

・運動方法

踏み台昇降運動

 

専用の台も売っていますが、自宅にある階段の段差を使ったり、

雑誌を束ねてガムテープでくくることで台を作る事で代用することも

出来ます。

 

①右足を台に乗せます。

右足を台

②左足も台に乗せて膝を伸ばします。

左足も台

③左足と右足を台から降ろします。

左足と右足を台

④これを繰り返します。

 

 

・1日の回数は、30秒×3セットを目安に言ってください。

 (休憩も間に挟みましょう)

 

2017.04.07

便秘体操

公開日:2017.04.07

おはようございます。

本日デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「便秘体操」です。

 

加齢にともない便秘に悩む高齢者は多くなります。

原因は様々ですが、今回は、活動量が少なくなり筋力低下や

姿勢不良が原因で生じている便秘に注目して簡単に取り入れられる体操を

紹介していきます。

 

①膝かかえ

膝かかえ

仰向けになって両膝を胸の方に近づけ、5秒間静止します。

両膝が難しい方は片足ずつでもかまいません。

10回繰り返し、状態に合わせて2~3セット行います。

 

②身体ひねり

身体ひねり

仰向けで両膝を立て、両膝をつけたまま、左右交互に倒します。

倒す時は息を吐きながらポイントです。

腸は軽くねじったり、上下にゆすったりするだけで引き締まります。

 

③座位で腹式呼吸

座位で腹式呼吸

鼻から息を大きく吸ってお腹を膨らませ、

口から吐く時にへこませていきます。

お腹に手を当てながらするとへこんでいくのがわかりやすくなります。

10回ほど繰り返していきましょう。

 

④膝上げ腹筋

膝上げ腹筋

椅子に腰かけ両脚脇の座面に手をついて少し背を丸めます。

膝を曲げたまま、両脚をゆっくり上げて

出来れば5秒間くらいキープします。

きつければ片脚ずつ行います。2~3秒でもかまいません。

10回ほど繰り返していきましょう。

 

筋力や腸の引き締め体操は1.2日で効果が現れるものではありません。

3ヵ月後、半年後と少しずつ効果が出ます。

簡単なものから取り入れていきましょう。

 

資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。TEL:03-6659-6491
資料請求・お問い合わせ

最新の記事

カテゴリー