デイサービス ジョイリハ | 介護予防に特化したリハビリ施設

文字サイズ
資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ
1日3時間のリハビリ習慣 ジョイリハ > ジョイリハからの豆知識

スタッフブログ

スタッフブログ

2017.01.04

足浴の効果について

公開日:2017.01.04

おはようございます。

本格的に寒い季節になってきましたね。

 

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

寒い季節におすすめの「足浴」についてです。

 

「足浴」とは足湯ともいい、足だけのお風呂のことです。

 

全身浴に比べて心臓への負担も少なく、

手軽に実施できるのでおすすめです。

 

【足浴の効果】                          

①足を清潔に保つことができる                

②血行をよくする

③全身が温まる

④爽快感やリラックス効果が得られる

⑤痛みや不快感を軽減させる

⑥入眠を促す

⑦爪がやわらかくなり切りやすくなる

 

【用意するもの】

★足をつける洗面器やバケツ

★温度計

★腰を掛ける椅子

★足を拭く乾いたタオルかバスタオル

★バケツなどの下にひく新聞紙やタオル

 

【ポイントと注意点】

 

①お湯の温度は38度±2度を目安にしましょう

(持病のある方は医師の確認をとりましょう)

②浸かる時間は5~10分以内を目安にしましょう

③眠れない時は眠る前にしましょう

④終了後は水分をとりましょう

 

★病後の体力が低下して入浴が困難な方や、

   足のむくみ・冷え症に悩んでおられる方はぜひ試してみてください

%e8%b6%b3%e6%b9%af

 

2017.01.02

ヒートショックについて

公開日:2017.01.02

おはようございます.

本日,デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

ヒートショック現象についてです。

ヒートショックとは温度の急激な変化で

血圧が上下に大きく変動することにより失神や不整脈を起こしたり突然死することです。

温度の急激な変化とは暖かい部屋から寒い部屋への移動によるものです。

日常生活で例えると・・・そうです!入浴の際です!

特に気温の下がる冬場に多く見られます。

そしてなんとこのヒートショックによる死亡者数は交通事故の3倍以上と

言われています。

%e3%83%92%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%82%af

入浴の際は脱衣所を温めるなどして

浴室と脱衣所の温度差をなるべくなくすように心がけてください。

2016.12.30

小腹が空いたら・・・

公開日:2016.12.30

おはようございます。

 

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは

栄養満点なオヤツです。

 

まず《豆乳》とは・・・

 

大豆をすり潰して絞ったもので、豆腐に固まるひとつ手前の液体が豆乳で、

その残ったものがおからです。

 

低カロリーでコレステロール0(ゼロ)、

良質な植物性蛋白質を多くビタミン類やミネラルも含まれており、

万能食品です!!

 

動脈硬化予防や記憶力低下防止また美肌効果など嬉しい効果が

たくさんあります。

 

そこで豆乳を使って簡単に作れオヤツをご紹介致します。

 

 

《豆乳蒸しパン》です。 

 

「材料」

 

・ホットケーキミックス粉:200g

・卵:1個

・豆乳:150ml

%e8%92%b8%e3%81%97%e3%83%91%e3%83%b3

「作り方」

 

下準備:蒸し器に水を入れ、沸かしておく。

 

①ボールに卵を割りほぐし、次に豆乳を入れ混ぜる。

②①の卵液に、ホットケーキミックス粉を入れて、

   粉っぽさがなくなるまで混ぜる。

③アルミカップに、②を入れ、蒸し器で15~20分ほど蒸す。

※栗などを入れる場合は、蒸す前に入れてください。

 

%e8%92%b8%e3%81%97%e3%83%91%e3%83%b31

出来上がり!!

 

これは栗の甘露煮を入れましたが、サツマイモやカボチャを一口大にし、

茹でたものを入れても

いいですね。カロリーも低めで、栄養も満点です。

 

小腹が空いた時に作ってみては いかがでしょうか!!

 

2016.12.28

椅子座位時のトレーニング姿勢

公開日:2016.12.28

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「椅子座位時のトレーニング姿勢」についてです。

 

マシンや椅子に座った状態で運動を始める前にまず確認して頂きたいのが

ズバリ姿勢です!

座面に座るお尻の位置が浅くなり過ぎてないですか?腰を痛めてないですか?

力を発揮したい筋は意識しやすいですか?

今日は椅子に座って行う腿上げ運動を例に説明させて頂きます。

まずは安全・安定した訓練のために

・椅子の両淵を握る。

・足は床面に接地する。

・腰の反り過ぎに注意する。

※背もたれ椅子を用意、滑り止めが敷いてあるとより安全です。

%e5%ae%89%e5%85%a8%e3%83%bb%e5%ae%89%e5%ae%9a%e3%81%97%e3%81%9f%e8%a8%93%e7%b7%b4

腿上げ運動

・腿上げの動作中は姿勢も意識する。

・カラダの中心線はなるべく真ん中に保つ事。

・片足は床面にしっかり接地する。

・腹部に力を入れて安定した姿勢を保つ。

%e8%85%bf%e4%b8%8a%e3%81%92%e9%81%8b%e5%8b%95

姿勢と言ったらよく、「お腹まわり力いれて~」と指導を受ける方が

多いと思います。

確かに大切ですがもう一つ、足裏でしっかり床面を踏ん張ると

より安定しやすいので試してください。

2016.12.26

胃下垂からくる冷え性

公開日:2016.12.26

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「末端冷え性」についてです。

 

 

冷え性と聞くと代謝が悪い、

冷たいものを飲んだり食べた事が原因だったり、

筋肉が少ないからなどと様々な意見を聞く事が多くございます。

 

しかしそれだけが原因とは限りません。

今回お伝えしたい冷え性については

胃下垂からくる骨盤の歪みについてです。

 

 

胃下垂とは胃の下部が正常よりも下の位置に

垂れ下がっている状態の事です。  

正常であれば正しい位置にある胃が暴飲暴食や悪い姿勢でいる等の原因で

正常な位置から垂れ下がってしまっております。

 

胃が垂れ下がる事により、骨盤内にある内臓の位置が変わり

とても窮屈な状態になります。

骨盤内が窮屈になり、その下にある下肢に血液がまわりにくくなる。

これが「胃下垂からくる冷え性」の内容です。

 

では、そんな骨盤内の窮屈な状態を緩和する運動について

ご紹介させて頂きます。

 

胃を正しい位置に戻す為にインナーマッスルを鍛えるというは効果的です。

スクワットを正しい姿勢で行う事で

インナーマッスルを鍛える事が出来ます。

今回は椅子に座りながら行えるスクワットの姿勢について

お伝えさせて頂きます。

 

肩幅くらいに足を広げ、背中を丸めない、お腹にこの三点を守り行う事で

インナーマッスルは鍛えられます。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%ab%e3%82%92%e9%8d%9b%e3%81%88%e3%82%8b

もちろん立ちながら行うスクワットもとても効果的ですので、

是非行なって頂ければと思います。

...1020...2829303132...405060...
資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。TEL:03-6659-6491
資料請求・お問い合わせ

最新の記事

カテゴリー