デイサービス ジョイリハ | 介護予防に特化したリハビリ施設

文字サイズ
資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ
1日3時間のリハビリ習慣 ジョイリハ > ジョイリハからの豆知識

スタッフブログ

スタッフブログ

2016.09.19

脳トレ

公開日:2016.09.19

おはようございます。

本日、デイサービスジョイリハがご紹介するのは、脳トレについてです!

 

皆さま“脳トレ”といえば、何を思い浮かべますか?

認知症や物忘れの予防として効果的な脳トレ。

書店に行けば、たくさんの脳トレのテキストが売られていますね!

その中でも今回は、簡単な読み書きをすることの重要性について

お話します。

簡単な読み書きは、認知症を予防及び改善する有効な手段として

今注目されているんです!

 

読み書きを行う前は会話が成り立たなかったのに、

徐々に普通に会話ができるようになったという例も聞きます。

簡単な読み書きとは例えば、

小学校低学年で習ったような簡単な文章の読み書きや、

一ケタの数字の足し引き算を行います。

脳トレ

これを行うと、脳の前頭前野部分の血流が盛んになるので頭の働きが良くなります。

 

ここでのポイントは、楽にスラスラ解ける簡単な問題を解くことです。

少し難しい問題の方が脳の働きが活発になると思いがちですが、

残念ながら、難しいと感じるレベルでは、

脳の前頭前野部分の血流は盛んにならないのです。

読み書きの行為自体が本人にとってストレスになってしまうなど、

いい結果をもたらしません。

 

簡単な問題でストレスなく行え、達成感を得られるようにしましょう。

ご家族や周りの方とのコミュニケーションを図ると、より効果的です。

少しずつ、脳トレ始めてみませんか?

2016.09.16

唾液腺マッサージ

公開日:2016.09.16

おはようございます。

 

本日は、デイサービス、ジョイリハからご紹介するのは

唾液腺マッサージです。

 

最近、口の中が乾いて食事が飲み込みにくい、

口の中がネバネバするといった症状がある方、

それは様々な病気を引き起こす危険なサインかもしれません。

 

こういった症状を引き起こすのは、

「加齢」「病的な要因」「薬による副作用」「心理的要因」「口呼吸」など

様々な原因が考えられます。

 

唾液が正常に分泌されない状態が続くと、

様々な口腔トラブル(虫歯、歯周病、講習、口内炎)や嚥下障害

(食事が飲み込みにくい、すぐにむせ込む)などの症状につながります。

 

唾液の分泌を促す「唾液腺マッサージ」をすることで、自浄作用を高め、

口腔トラブルや風邪の予防・改善効果が期待できます。

実際にご自宅で簡単にできるトレーニングをご紹介したいと思います。

 

【方法】

①耳の下から奥歯のあたりを後ろから前へ円を描くようにまわす。

トレーニング①

 

②親指であご骨の内側を耳下~あご下まで移動しながら5回押す。

トレーニング②

 

③あごの真下から舌を突き上げるように、ぐーっとゆっくり押す。

トレーニング③

 

【効果】

唾液を分泌させることによって、自浄作用を高め、

口腔ケア不良(舌苔付着)・口臭・口腔乾燥の予防につながります。

虫歯・歯周病予防にも効果的です。

 

【注意点】

強く押しすぎないように、また、舌を噛まないようにしましょう。

 

※唾液を促すマッサージをぜひ毎日(特にお食事前)実施してみてください。

 

2016.09.14

腰痛の原因について

公開日:2016.09.14

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

腰痛の原因についてです!

腰痛の原因は、主に①腰(脊柱)に由来するものと

以外に由来するものが2つにわけられます。

 

①腰(脊柱)に由来するもの

先天異常や側弯症、腰椎分離症など主に成長伴っておこるもの、

変形性脊椎症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変性すべり症など

主に加齢により生ずるもの、腰椎骨折や脱臼などの外傷、

カリエスや化膿性脊椎炎などの感染や炎症によるもの、

転移癌などの腫瘍によるものなどがあります。

 

②腰以外に由来するもの

解離性大動脈瘤などの血管の病気、尿管結石などの泌尿器の病気、

子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科の病気、

胆嚢炎や十二指腸潰瘍などの消化器の病気、

変形性股関節症などの腰以外の整形外科の病気によるものがあります。

加えて身体表現性障害、統合失調などの精神疾患や精神的なストレスによる

心理的な原因による場合もあります。

腰痛とひとくちに言っても、その裏には何か別の病気が

隠れているかもしれません。

気になる症状がある場合は、すみやかに受診されることをおすすめします。

腰痛

2016.09.12

豆腐の栄養効果とレシピ

公開日:2016.09.12

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは

豆腐 です!!

《畑の肉》と言われる程、栄養価の高い豆腐ですが、冷や奴や豆腐サラダ、

麻婆豆腐、お味噌汁、揚げ出し豆腐・・・など様々な食べ方があります。

豆腐はタンパク質が豊富で、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病にも

効果があり、またカルシウムも含まれておりますので、

骨粗鬆症の予防効果も期待できます。

そこで、普段とは少し違った豆腐の使い方をご紹介しましょう。

 

《白玉の黒蜜きなこ》です。

材料(1~2人分)

・豆腐・・・40g

・白玉粉・・・40g

粉

作り方

① ボールに豆腐と白玉粉を入れ、手でなめらかになるまでこねる。

② 一口くらいの大きさで丸めて、真ん中をくぼませる。

   

※写真は丸めていますが、非常に火の通りが悪い為、

 ハンバーグを作る要領で、丸めたら、真ん中をくぼませる方が良いです。

団子

③ 沸騰したお湯で茹でる。

④ 浮いて1~2分してから、お湯から白玉を取り出し、氷水で冷やす。

団子①

⑤水気をきって、器に盛り、お好みできな粉や黒蜜をかける。

団子②

テフロン加工のフライパンで軽く焼き目をつけ、

みたらし餡やあんこでお団子のようにしても良いですね。

最後に!!

注意点を3つ程お伝えします。

①ノドにつかえないように、小さめサイズに作り、

 よ~く噛んで食べてください。

②火・熱湯を使いますので、十分お気を付けください。

③お豆腐が入っていますので、大量に作らず、

 その日で食べきれる量を作ってください。

 日持ちはしません。

 積極的にたんぱく質を取って、生活習慣病を予防しましょう。

2016.09.09

腰痛予防の訓練

公開日:2016.09.09

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、腰痛予防です。

姿勢を良くしようと正した時に、

腰が前もしくは後ろ方向に傾き過ぎてないですか?

もしかしたら腰痛を引きおこす原因になるかもしれません。

腰の調子がよくない場合、コルセットを身に着け固定しますよね。

このコルセットみたいな役割をする筋が私たちのカラダのなかにあります。

それが腹横筋。

 

 

腹横筋は、呼吸で鍛えることができます。

では、さっそく鍛えていきましょう!

①まずは良い姿勢の状態をつくります。

 分かりやすいのは仰向けになった時に、床面と腰の間の隙間を

 「指先が軽く遊ぶ程度」に整えます。

※姿勢がわるいと、この隙間がなく床面についた状態や、

 逆に広すぎて腰が浮き過ぎた状態になります。

 その①

誤り

①の写真は、腰が浮いている

②の写真は、隙間がない

 その②-1

 その③

 正しい

③の写真は、指先が軽く入る

    程度の隙間

 

辛いと思った方、これが正しい腰の位置です。

無理はせずに行っていきましょう。

 

②仰向けで息を吐いて腹部をカタくしながら凹ます。

 単純にウエストを細くするように凹まさないので注意です。

 筋が活動している時は「収縮」といって縮こまる様子が見られます。

 息をゆっくりと吐くと腹部の筋が働くのでカタく、細く長く吐いていくと

 段々と小さくなり縮こまります。

※呼吸が苦しくならない程度にお願いします。

凹ます前  凹ました後

 凹ます前

凹ました後 

 

そうするとおへそが内臓方向へ凹むように移動します。

息は吐ききったら、軽く吸って繰り返し10回を行います。

力み過ぎると腰が動き良い姿勢が崩れるので、

飽くまで良い姿勢を保った状態で続けましょう。

この訓練の難しいところです。

 

因みに…腹横筋はインナーマッスル(=内臓についた筋)であり、

鍛える事でウエストが引き締まります。

内臓を支えている筋が緩んで前へ出ていたので

鍛えて引き締め効果が期待できます。

真夏のこの時期に是非、試してください!

...10...1819202122...304050...
資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。TEL:03-6659-6491
資料請求・お問い合わせ

最新の記事

カテゴリー