デイサービス ジョイリハ | 介護予防に特化したリハビリ施設

文字サイズ
資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ
1日3時間のリハビリ習慣 ジョイリハ > ジョイリハからの豆知識

スタッフブログ

スタッフブログ

2017.11.01

ヒートショックを予防する運動

公開日:2017.11.01

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは

ヒートショックについてです。

 

あっという間に11月。

これから冬本番を迎え、室内と外気温の温度差は益々大きくなってきます。

そこで気をつけていただきたいのはこのヒートショックです。

 

ヒートショックとは、急激な温度変化が血圧に大きな影響を与え、

脳血管疾患や心筋梗塞などのリスクを高めてしまう現象のことをいいます。

 

特に高齢者の方ですとリスクが高まり、リビングから室温の低い廊下に

移動するだけでも影響を大きく受けます。

 

そのため、室温の温度差をできるだけ無くすことが重要です。

また、外に出る前に準備体操をして血液の循環を良くし、

身体を温めてから外出することをオススメ致します。

 

そうすることで、温度変化による刺激を抑えられる効果がありますので、

今回は適した運動をご紹介いたします。

 

【肩のギューストン体操】

①肩をギュー!と持ち上げます。

 このときはゆっくり大きく息を吸い込みます。

②次に肩をストン!と落とします。息を吐きながら行ないます。

 ※余裕があれば、目線を下におろします。

これを10回ほど繰り返し行ないます。

 

【腰回しストレッチ】

①足を肩幅に広げて、腰に手を当てます。

 腰で大きく円を描くように、ゆっくり回していきます。

 ※余裕があれば、膝を曲げて腰を少し落として回していきます。

こちらを右回し・左回し各5回~10回ずつ行なっていきます。

肩こりや腰痛予防にも効果があります!是非お試しください!

 

冬場の外出は、暖かい服装を心がけるだけでなく、

ご自身の身体をまず温めることが大切です。

今年の冬も健康で元気に乗り越えていきましょう!

2017.10.30

抗重力筋について

公開日:2017.10.30

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは

抗重力筋」についてです。

 

暦の上では「秋」から「冬」になろうとしています。

初霜が降りる季節です。

冬を迎えるにあたっては、本格的に寒くなる前にカラダ作りをしておく

必要がありますね。

 

【抗重力筋って?】

書いて字のごとく “重力” に “” する “筋肉” のこと。我々が生活をして

いるこの地球上では水中以外では常に重力がカラダ中に掛かっています。

これは立っていても寝ていても、どのような姿勢になっていても均等に

掛かります。

ですが、抗重力筋とは「立っている時に重力に抗している筋肉」のこと

を指します。

 

 

【どの筋肉?】

どんなに力まない姿勢で立っていても筋肉は緊張しています。特に緊張

している筋肉を”抗重力筋”と呼び、大別すると以下となります。

①背中:脊柱起立筋、広背筋

②腹筋:腹直筋、腸腰筋

③お尻:大臀筋

④太もも:大腿四頭筋

⑤ふくらはぎ:下腿三頭筋

以上が最低限、弱らせてはならない筋肉です。

 

【鍛える方法は?】

では、強くするには?

様々なトレーニング方法はありますが、おうちで出来る簡単なものを

紹介します。

 

①背中

上体反らし

②腹筋

脚上げ腹筋

③お尻

尻上げ

④太腿

スクワット

⑤ふくらはぎ

踵上げ

【私には無理じゃないの?】

大丈夫です!!脳みそと筋肉は何歳になっても鍛えることが出来るんです。

身体を鍛えることは脳への刺激にもなりますし、筋力が向上することで

活動範囲も広がります。

活動範囲が広がることで、更なる刺激を受ける事が出来ます。

好循環ですね。

 

やる前から「私には無理」という限界を作らず、

出来る範囲で無理の無いように頑張ってください。

2017.10.27

高齢者の運動強度

公開日:2017.10.27

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「高齢者の運動強度」についてです。

とくに今回は高齢者の方に必要な運動の強度について書きたいと思います。

季節も秋となり皆様はどのような秋を過ごされていますでしょうか。

スポーツの秋を満喫されている方もいることでしょう。

目的にもよりますが、筋力や身体機能を向上させるという目標がある場合は

「少しきつい」と感じる程度の運動強度に設定すると良いでしょう。

きつ過ぎることは長く続かないでしょうし、

楽な程度では向上は見込めません。

 

頻度としては毎日行うのではなく、週2~3回程度で十分かと思います。

 

しかし、注意点もありますので確認していきましょう。

体調が悪い時に運動をすると怪我や事故に繋がりかねません。

又、身体からのサインとして血圧が高い時も要注意です。

 

・収縮期血圧が180mmHg以上の時

・拡張期血圧が110mmHg以上の時

 

上記は目安となっており、個人差もあるところですので、

かかりつけの医師に確認してみると良いでしょう。

 

安全に運動を行うことが大前提にあると思いますので、

無理はせずに長く運動を継続していきましょう。

2017.10.25

内もものトレーニング

公開日:2017.10.25

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

内もものトレーニング」についてです。

 

「内転筋群」という言葉をご存知でしょうか?

これはいわゆる『内ももの筋肉』のことを言います。

 

内ももの筋肉を日常生活で意識する機会は少ないかもしれませんが、

歩行や姿勢、ひざ痛予防のためにとても重要な筋肉です。

 

本日はその筋肉を鍛える運動をご紹介します!

 

①まずはボールなどをももで挟みます。

 

          ↓

②ボールを挟んでつぶすようにももに力を入れていきます。

         

③10回1セットを目安に、

 2~3セット行ってみましょう!

 

※ボール以外にも座布団やクッションで行っても大丈夫です!

 

内ももの筋肉を鍛えることで、

O脚の予防・改善につながり、変形性膝関節症やひざ痛予防も期待できます。

さらには、立っている時や歩行時の安定性を高める働きや

尿漏れの予防など、多くの効果があります。

 

皆さんも無理のない範囲でこちらの運動を行ってみましょう!!

2017.10.23

転倒予防(環境整備)について

公開日:2017.10.23

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「転倒予防(環境整備)について」です。

 

転倒予防には運動だけでなく、自宅等の環境を整備することも大切です。

今回はその中のいくつかを紹介していきたいと思います。

 

【手すりの設置】

廊下・階段・玄関・トイレ等の移動するスペースにつけることで、

転倒しにくい環境を作ることが出来ます。身体状況や歩行の特徴によって

適切な高さや形を選択することが重要となります。

【肘掛の椅子】

立ち上がりの際には手すりがあった方が、立ち上がりやすく

バランスも崩しにくいケースもある。

ただ、椅子の形状によって安全性も変わってくるので、

身体状況に合わせたものを使用することが望ましい。

反対に立ち上がりにくいものとしては、

ソファーのように座面が柔らかく臀部が沈む椅子となる。

【夜間照明】

バランスは視覚の影響も受けやすいため、

夜間は必要に応じて照明を工夫することも大切になってきます。

玄関や階段などの足元を明るくしておくことで、

転倒の予防につながりやすくなります。

環境を変えるだけで転倒を未然に防ぐこともできますので、

出来そうな部分からでも環境整備を行ってみてはいかがでしょうか。

...89101112...203040...
資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。TEL:03-6659-6491
資料請求・お問い合わせ

最新の記事

カテゴリー