デイサービス ジョイリハ | 介護予防に特化したリハビリ施設

文字サイズ
資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ
1日3時間のリハビリ習慣 ジョイリハ > ジョイリハからの豆知識 > 夏(高齢者に関わる話題)

スタッフブログ

スタッフブログ

2018.08.15

夏の注意点⑤~熱中症編~

公開日:2018.08.15

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「夏に注意する熱中症」についてです。

 

夏に注意する症状として、今回が最後となります。

最後となる第5回目は、熱中症に関してです。

 

熱中症とは、気温が高いなどにより、

体の中に水分や塩分(ナトリウム)のバランスが崩れたり、

身体の調節機能正常に働かなくなることによって

体に様々な症状を引き起こす病気です。

 

まず、熱中症になるメカニズムを簡単に説明します。

正常時は・・・

①体内で熱が作られる

 

②運動や暑さによって体温が上昇

 

③汗が蒸発したり、皮膚の温度が上昇したりすることで

 熱が逃げていく

 

④③によって体温が調整される

 

となっています。

反対に異常時は、体の調節機能が正常に働かなくなり、

上記の③がうまくできないため、体温が体の中にこもってしまい、

熱中症になってしまいます。

 

次に熱中症の予防についてです。

①暑さに負けない体作り

睡眠が不足して、栄養のバランスが偏らないように注意してください。

 

②室温と湿度の調整

年齢を重ねた方だとクーラーが苦手だったり、

体の体温の上昇に気づかなかったりします。

なので、エアコンを使った室内の調整は絶対に必要です。

 

③外に出る際には水分を持ち歩く

いつでも水分と塩分を補給できるように

スポーツドリンクを持ち歩きましょう。

 

では、実際に熱中症なった時にどんな症状がでるのかというと

●めまい

 

●からだのだるさ

 

●吐き気

 

●筋肉のけいれん

 

などが挙げられます。

 

最後に熱中症になってしまった時の対応についてです。

①重症と感じた場合には救急車を呼ぶのが1番

 

②屋外など暑い場所の場合には、

 クーラーの効いた室内や車の中などに移動

 

③衣服を脱がして体温を下げる

また可能であれば、保冷剤で首筋・わき・足の付け根など冷やす

 

④水分・塩分を摂取する

スポーツドリンクなど飲ませるのが良いですが、

意識がなかったり、嘔吐などしている場合には

気道に入る恐れがあるため注意が必要です。

 

皆さん、熱中症には充分気をつけてください。

 

ジョイリハについてはこちら

ジョイリハに関するお問い合わせはこちら

カテゴリー

資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。TEL:03-6659-6491
資料請求・お問い合わせ

最新の記事

カテゴリー