デイサービス ジョイリハ | 介護予防に特化したリハビリ施設

文字サイズ
お問い合わせ
1日3時間のリハビリ習慣 ジョイリハ > ジョイリハからの豆知識 > サルコペニアの予防方法

スタッフブログ

スタッフブログ

2019.02.04

サルコペニアの予防方法

公開日:2019.02.04

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「サルコペニアの予防方法」についてです。

 

今回はサルコぺニアの予防方法についてお話します。

サルコぺニアの予防は、運動と栄養ポイントです。

運動だけ栄養だけでなく運動と栄養の両方を組み合わせることが

大切です。

 

◆運動について

運動に関しては「有酸素運動」「レジスタンス運動」が有効です。

 

【有酸素運動】

   ウォーキングにおいて、

「歩く速さを早くする」「歩くコースに坂道を加える」

   というひと工夫をするだけで効果が期待できます。

 

【レジスタンス運動】

(※筋肉に負荷をかけたトレーニングのことをレジスタンス運動

といいます。)

 スクワット、腿上げ、つま先上げなどにより筋肉を鍛えることが

できます。

 

どちらも週に2~3回のペースで3か月以上継続することが

非常に重要です。習慣化が重要になってきますので、無理の

無い範囲で運動を継続してみましょう。

 

◆栄養について

 タンパク質やアミノ酸が多く含まれている肉や魚、大豆、

 牛乳、卵などの摂取が大切です。

 

 タンパク質の目安は「手のひら1枚分」です。

 高齢になるとお肉や魚などのタンパク質をはじめ、

 食事全体の量が減り、低栄養になる方も少なく

 ありません。

 

 タンパク質が低下すると・・・

 ・皮膚が弱くなり傷ができやすく、治りにくくなる。

 ・免疫力が低下し、風邪や感染症にかかりやすくなる。

 ・筋肉量が減少するため、体重も減少する。

 ・筋力が低下することでさらに運動機能や活動量が低下する。

上記のように様々な支障をきたします。

 

 

タンパク質はもちろんですが、野菜やごはんなど

きちんとバランス良く食べるようにしましょう!

 

次回は「サルコペニア肥満」についてです。

 

★街いちばんの元気な場所へ。

私たちジョイリハの使命は、高齢化の進む地域社会において、
 心と身体の「健康」をサポートすること。
 1日3時間という短時間のリハビリ習慣を通じて、
これからも、人々の「元気」を生み出してまいります。

デイサービス(通所介護)ジョイリハの情報はこちら

カテゴリー

資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。TEL:03-6659-6491
資料請求・お問い合わせ

最新の記事

カテゴリー