03-6662-7565

症状別

手足の麻痺など、脳梗塞・脳出血による後遺症

肩・腰・膝の痛みなど整形疾患による後遺症でお悩みの方へ

手・腕・足が動かしづらい

  • ① 麻痺による影響

    麻痺による神経系の問題で痛みが生じている可能性が考えられます。

    【ジョイリハNEXTでは・・・】

    専門のセラピストによる徒手療法、電気刺激などの物理療法、運動療法などで筋肉が働きやすい状態に促し、動きの改善につなげることができます。

    Image

  • ② 筋力低下

    筋力低下が原因の場合が考えられます。

    【ジョイリハNEXTでは・・・】

    活動量を上げたり、電気刺激などの物理療法も行うことで効率的に筋力強化を図ることができます。

    Image

  • ③ 関節・筋肉が固い

    関節・筋肉が固くなることで動かしにくい状態になってしまいます。

    【ジョイリハNEXTでは・・・】

    専門のセラピストによるストレッチやマッサージなどの徒手療法や物理療法などでお身体の調整を行い、動かしやすい動作の訓練を行うことが出来ます。

    Image

  • ④ 無駄な力が入ってしまっている

    習慣的な動作が原因でムダに力が入ってしまっていることが考えられます。

    【ジョイリハNEXTでは・・・】

    余計な力を出さなくても手や腕を動かすことができるように力の入れ方や身体の使い方を指導していきます。

    Image

バランスがとりづらい

  • ① 筋力が低下している

    筋力低下による原因が考えられます。

    【ジョイリハNEXTでは・・・】

    専門のセラピストよりどこの筋肉が筋力低下をきたしているかを評価し、徒手療法、電気刺激などの物理療法、運動療法などで筋力強化を図ります。

    Image

  • ② 感覚が鈍い

    感覚の低下によってもバランスを崩してしまいやすくなります。

    【ジョイリハNEXTでは・・・】

    物理療法で刺激を与えたり、感覚トレーニングを行ったりしながら感覚の改善を図ります。

    Image

  • ③ 筋持久力がない

    筋持久力とは筋肉を長い時間使っていることができる能力のことを言います。この筋持久力がないとふらつきやすかったり、長時間の歩行で疲れやすくなりやすく、いつの間にか足を引きずってしまうようになってしまうことがあります。

    【ジョイリハNEXTでは・・・】

    活動量の多いトレーニングが含まれますので筋持久力の強化にはとても有効です。

    Image

疲れやすい

  • ① 筋持久力がない

    筋持久力とは筋肉を長い時間使っていることができる能力のことを言います。長時間の歩行で身体が動きにくくなった、筋肉が疲れやすいなどは筋持久力の低下が原因の可能性があります。

    【ジョイリハNEXTでは・・・】

    活動量の多いトレーニングが含まれますので筋持久力の強化にはとても有効です。また疲れにくい身体の使い方も指導していきます。

    Image

  • ② 心肺機能が低下している

    心肺機能が低下すると筋肉への血液供給が少なくなり、疲れやすくなってしまいます。

    【ジョイリハNEXTでは・・・】

    専門のセラピストにより正しく評価させていただき、トレーニングをご指導いたします。

    Image

  • ③ 疲れやすい身体になっている

    筋肉が固くなっていると筋肉への血流量が減り、疲れやすい身体になってしまいます。

    【ジョイリハNEXTでは・・・】

    専門のセラピストによる徒手療法、電気刺激などの物理療法などで固くなった筋肉をほぐし筋肉持久力向上、疲労回復力向上を図ってまいります。

    Image

しびれ・こわばりがある

  • ① 筋肉・関節による影響

    関節・筋肉が固くなることで血行不良となり痛みが生じる場合があります。

    【ジョイリハNEXTでは・・・】

    専門のセラピストによるストレッチやマッサージなどの徒手療法や物理療法などでお身体の状態を整えることでしびれ・こわばりの緩和を図ることが出来ます。

    Image

  • ② 姿勢・動作による影響

    日常生活での姿勢や動作が誘発させている可能性があります。

    【ジョイリハNEXTでは・・・】

    専門のセラピストによる姿勢動作分析・評価を行い、正しい動作指導を行うことが出来ます。

    Image

  • ③ 血行不良

    さまざまなことが原因で起こる血行不良ですが、誘発に大きくかかわる可能性があります。

    【ジョイリハNEXTでは・・・】

    マッサージやストレッチなどの徒手療法や活動量を増やす運動療法、温熱、電気などの物理療法により血行促進をはかることができます。

    Image

  • ④ 脳による影響

    脳卒中による脳へのダメージが影響している場合があります。

    【ジョイリハNEXTでは・・・】

    物理療法や運動療法などにより神経の再構築を図り、緩和を図ることができます。

    Image

今よりもさらにレベルアップしたい

    • 仕事に復帰したい
    • パソコンのキーボードを両手で打ちたい
    • 旅行に行きたい
    • 装具なしで一人で通勤したい
    • 料理ができるようになりたい
    • 孫と遊びたい

    【ジョイリハNEXTでは・・・】

    ご利用者様の目標に沿ったリハビリプログラムを実施します。実際に外出をしたり、器具を使用したりとご希望に沿ったサービスを提供いたします。本当のありたい姿をお話しいただき、私たちと一緒に今よりもっとレベルアップした生活を目指しましょう。

  • Image

    Image

    Image

ページトップ

お申込みお問い合わせは

  • メールで連絡
  • 電話で連絡