03-6662-7565

豆知識ブログ

2019年08月14日
再発予防

脳梗塞を防ぐ~脈拍数で運動強度を管理する~

前回、脳梗塞の予防には有酸素運動が効果的とお話しました。

今回は、運動強度の設定の仕方を脈拍数で行う方法をお伝えします。

 

運動の効果を得るには、運動強度も重要です。

運動強度は、安全に運動を行うためにも大事な要素です。

一般に、中年の方が運動をするときには、1分間の脈拍が120回を保つようにします。

高齢者の方はさらに少なく、110回が目安となります。

 

脈拍は手首で測定して、15秒間の脈拍を数えて4倍にしてください。

その回数が110~120であれば、適切な運動強度です。

 

しかし、これはあくまで目安ですので、無理をしないでください。

特に高血圧や心臓病の治療でβ遮断薬を服用されている方は、

脈が遅くなる傾向にあるので、運動強度については医師や理学療法士の指示に従ってください。

 

参考文献:内山真一朗 著,脳梗塞の予防・治療と生活のしかた,主婦と生活社

Image

2019年08月12日
歩行

脳梗塞を防ぐ~脳梗塞予防には有酸素運動を~

脳梗塞を予防するには、血圧、血糖値、コレステロール値を下げる効果があり、

脂肪を燃焼して肥満を解消できるようなものが適しています。

その効果があるのは、有酸素運動です。

運動は、無酸素運動と有酸素運動に分けられます。

無酸素運動は全力疾走したり、ウエイトリフティングのように息んで行うものです。

瞬間的に強い力が必要で、心臓への負担も大きく、血圧も上昇します。

そのため、脳梗塞予防には適しません。

 

一方の有酸素運動は、呼吸を取り入れながら比較的ゆっくりとした動きで、

心臓への負担もあまり強くありません。

ウィーキングやサイクリングがこれに当てはまります。

脳梗塞の予防には、有酸素運動を1日に合計で20~30分程度行うと効果的といわれています。

無理をしないで休憩をはさみながら行ってください。

次回は、脈拍数で運動強度を決定する方法をお伝えします。

 

参考文献:内山真一朗 著,脳梗塞の予防・治療と生活のしかた,主婦と生活社

Image

2019年07月18日
脳卒中

実は夏に多い!?脳梗塞について

脳梗塞というと、冬の寒い時期に起こるイメージがありますが、

脳卒中のうち3分の2を占めると言われている脳梗塞は、

夏に起こりやすいことが知られています。

「梗塞」の名の通り、脳の血管が詰まって起こる病気ですが、

夏の暑い時期に水分が不足すると、血液がドロドロになり、詰まりやすくなってしまうのです。

 

夏前の梅雨時期も、湿度が高いため、知らず知らずのうちに汗をかき、脱水状態に陥っていることがあります。

こまめな水分補給を心がけましょう!

Image

2019年06月17日
脳卒中

【手足のこわばり、つっぱり】リハビリ方法について

【手足のこわばり、つっぱり】リハビリ方法について

 

脳梗塞や脳出血のあと、手足がこわばったり、つっぱったりすることはありませんか?

そういった症状のことを、痙縮といいます。

 

例えば

・肘が曲がったまま動きにくく、着替えが大変

・手がグーのままで、手を洗いにくい

・足がつま先立ちのような状態で固まり、歩きにくい

・歩くと足の指が曲がってしまい、痛い

 

などの症状が現れます。

 

痙縮の状態が長く続くと、関節自体が固まってしまい、拘縮という状態になることもあります。

こうなると、さらに日常生活が困難になってしまいます。

 

痙縮の治療方法は大きく分けて

・薬物療法

・リハビリ

 

の2つがあります。

 

今回は、リハビリについてお伝えします!

 

痙縮のリハビリについては

①経皮的電気刺激

②ストレッチ、関節可動域訓練

③装具療法

などがあります。

 

①経皮的電気刺激

脳卒中ガイドライン2015では、痙縮に対し、

経皮的電気刺激(Transcutaneous electrical nerve stimulation; TENS(テンス)と読みます)

を試行することが勧められています。

 

TENSは、刺激頻度や期間によって効果に差が出ていますので、

医師や理学療法士、作業療法士と相談しリハビリを勧めましょう。

 

ジョイリハNEXTでも、電気刺激の装置をご用意しております。

ご興味のある方は、ぜひご連絡ください!

 

次回は、②ストレッチ、関節可動域訓練、③装具療法について説明します!

 

【参考書籍】

日本脳卒中学会 脳卒中ガイドライン委員会:脳卒中治療ガイドライン2015[追補2017]

Image

2019年06月14日
歩行

梅雨の季節、お出かけの工夫とは?傘編

6月も半ば、多くの地方が梅雨入りをしましたね。

雨の日のお出かけにかかせないのが、傘ですが、

脳梗塞や脳出血のあとに、手足が麻痺してしまい、

傘を上手に使えない場合もあると思います。

今回は、麻痺をした手でも傘が使えるよう工夫している自助具を紹介します。

 

傘への工夫方法とは?

傘を掴むことはできるけど、保持するのが難しいといった方は、

持ち手に工夫をすることで、安定して持つことができます。

例えば、万能カフと呼ばれる、手や傘の持ち手に合わせてホルダーの形状を借りられるものを

傘の持ち手につけることで安定してもてるようになります。

 

傘自体もつことが難しい場合は、身体に固定するような器具もあります。

他に、シルバーカーなどを使われてる方は、それに固定することもできます。

ここで紹介した方法は一部で、お身体の状態によっても工夫の仕方は変わります。

詳しくは、理学療法士、作業療法士や福祉用具の業者に相談してみると良いでしょう。

 

雨の日は、普段よりも足元が悪く転倒しやすくなります。

無理をせずタクシーを使う、雨がっぱを着る、予定をずらすなど、安全第一を心がけてください。

Image

“ご自宅の近くでリハビリを受けたい!”
というご希望にお応えして新サービス登場。

ご自宅の近くのジムでマンツーマンのリハビリを受けられる!どこでもリハ ご自宅の近くのジムでマンツーマンのリハビリを受けられる!どこでもリハ

まずは、ジョイリハNEXTの効果を実感してください。

特別体験プログラム実施中 特別体験プログラム実施中

特別体験プログラムの詳細・お申込みはこちら 特別体験プログラムの詳細・お申込みはこちら

お電話でのお問い合わせは電話受付時間10:00〜19:00(月・火・金・土)
03-6662-7565
03-6662-7565電話受付時間10:00〜19:00
(月・火・金・土)

ページトップ

お申込みお問い合わせは

  • メールで連絡
  • 電話で連絡