03-6662-7565

豆知識ブログ

2019年02月28日
ご自宅での運動

同じ姿勢を続けることで腰に負担がかかる

日本人が訴える身体の不調でもっとも多いのは男性で腰痛、女性で肩こりで、

男女合わせると腰痛が一番多いと言われています。[1]

 

腰痛の原因の一つに同じ姿勢を続けることと言われています。

 

ある研究では

仰向けで寝ている時と比べて、

立位では約4倍、座位では約6倍も腰に負担がかかると言われています。[2]

 

 

デスクワークなどで長時間座っている状態では

腰に大きな負担がかかることになります。

 

 

ずっと座っているのではなく、

立ち上がって腰をそったり、腰を回したりなど

簡単な運動をすると腰の負担も軽減することができます。

 

座る時間が長い方は試してみましょう。

 

参考

[1]厚生労働省HP:平成28年 国民生活基礎調査の概要資料

[2]Nachemson A :The lumbar spain.An orthopaedic challenge.Spain 1:59-71,1976

Image

2019年01月24日
ご自宅での運動

「 こむら返り」を起こさないために

「こむら返り」というのはどのような状態のことを言うのか (https://wp.me/padn7P-9n

「こむら返り」を起こしたときの対処法 (https://wp.me/padn7P-9L

については以前のブログでもご紹介しました。

 

今回は「こむら返り」を起こさないための予防法についてご紹介します。

 

【原因を探る】

まずは「こむら返り」の原因を探る必要があります。

 

『足がつる!これってどういうこと?(https://wp.me/padn7P-9n)』でも紹介しましたが、

「こむら返り」にも様々な原因があります。

 

原因はいくつかあります。

筋肉が固い

血行不良

水分不足

ミネラル不足

・布団などでつま先立ちの時のように尖足位になっていること

などなど

 

まずは自分がどの原因によって「こむら返り」を起こすのかを知ることが大切。

その原因について対処しないと本当の意味での改善にはつながらない。

 

 

【予防法】

①ストレッチやマッサージ

筋肉の硬さが原因の際の予防法です。

どなたにも比較的、実践しやすい方法だと思います。

 

 

②適度な運動

血行不良が原因の際の予防法です。

運動というと少し抵抗を感じる方もいると思いますが、

いつもよりも少し長く、少し早い速度で歩くだけでも構いません。

 

 

③水分摂取

水分不足は血行不良の原因になります。

人は普通に生活しているだけでも1日に2.5Lの水分が失われると言われています。[1]

食事などでも水分摂取することができるので、飲み水としては1日に1.2Lを目安に摂るように言われています。[1]

 

 

④ビタミン、ミネラルの摂取

栄養不足が原因となることもあります。

特にビタミンE、マグネシウム、カリウム、カルシウムの不足に注意しましょう。

 

(それぞれの栄養素を多く含む食材の例)

ビタミンE:落花生、カボチャ、ピーマン、モロヘイヤ、たらこ、すじこ など

マグネシウム:貝類、バナナ、ごぼう、ひじき、ほうれん草 など

カリウム:アボカド、バナナ、ほうれん草、緑黄色野菜 など

カルシウム:小松菜、しゅんぎく、パセリ、牛乳、チーズ、小魚 など

 

【まとめ】

今回は「こむら返り」の予防方法についてご紹介しました。

何が原因なのかを探り、その原因に対する予防をすることで対策ができます。

今回ご紹介したものはあくまで一例です。

詳しくお身体の状態が知りたい方はお医者さんなどの専門家に聞くことをお勧めします。

 

 

参考

[1]厚生労働省HP

 

Image

“ご自宅の近くでリハビリを受けたい!”
というご希望にお応えして新サービス登場。

ご自宅の近くのジムでマンツーマンのリハビリを受けられる!どこでもリハ ご自宅の近くのジムでマンツーマンのリハビリを受けられる!どこでもリハ

まずは、ジョイリハNEXTの効果を実感してください。

特別体験プログラム実施中 特別体験プログラム実施中

特別体験プログラムの詳細・お申込みはこちら 特別体験プログラムの詳細・お申込みはこちら

お電話でのお問い合わせは電話受付時間10:00〜19:00(月・火・金・土)
03-6662-7565
03-6662-7565電話受付時間10:00〜19:00
(月・火・金・土)

ページトップ

お申込みお問い合わせは

  • メールで連絡
  • 電話で連絡