03-6662-7565

豆知識ブログ

2019年08月12日
歩行

脳梗塞を防ぐ~脳梗塞予防には有酸素運動を~

脳梗塞を予防するには、血圧、血糖値、コレステロール値を下げる効果があり、

脂肪を燃焼して肥満を解消できるようなものが適しています。

その効果があるのは、有酸素運動です。

運動は、無酸素運動と有酸素運動に分けられます。

無酸素運動は全力疾走したり、ウエイトリフティングのように息んで行うものです。

瞬間的に強い力が必要で、心臓への負担も大きく、血圧も上昇します。

そのため、脳梗塞予防には適しません。

 

一方の有酸素運動は、呼吸を取り入れながら比較的ゆっくりとした動きで、

心臓への負担もあまり強くありません。

ウィーキングやサイクリングがこれに当てはまります。

脳梗塞の予防には、有酸素運動を1日に合計で20~30分程度行うと効果的といわれています。

無理をしないで休憩をはさみながら行ってください。

次回は、脈拍数で運動強度を決定する方法をお伝えします。

 

参考文献:内山真一朗 著,脳梗塞の予防・治療と生活のしかた,主婦と生活社

Image

まずは、ジョイリハNEXTの効果を実感してください。

特別体験プログラム実施中 特別体験プログラム実施中

特別体験プログラムの詳細・お申込みはこちら 特別体験プログラムの詳細・お申込みはこちら

お電話でのお問い合わせは電話受付時間10:00〜19:00(月・火・金・土)
03-6662-7565
03-6662-7565電話受付時間10:00〜19:00
(月・火・金・土)

ページトップ

お申込みお問い合わせは

  • メールで連絡
  • 電話で連絡