03-6662-7565

豆知識ブログ

2019年08月09日
脳梗塞・脳出血

脳梗塞を防ぐ~お酒は少量にとどめる~

暑い日が続きますが、熱中症などになってないでしょうか。

家では冷房をつけたり、こまめに水分補給を行って、熱中症対策をしてくださいね。

 

暑い日に、キンキンに冷えたビールがとても美味しく感じますが、

脳梗塞の予防・再発防止には、お酒の付き合いにも要注意です。

 

大量の飲酒には、血液の凝固を促したり、

脱水を招いて脳梗塞を引き起こす原因となってしまいます。

お酒には利尿作用があるので、たくさん水分を摂っているつもりでも、

身体は脱水を起こしやすくなっています。

その結果、血液が粘り気を増し、血栓ができやすくなり、

脳梗塞の引き金になる場合があります。

また、血栓ができるのを防ぐために抗凝固役薬を服用している場合は、

飲酒によって出血性の合併症を引き起こしやすいので要注意です。

 

 

大量の飲酒は厳禁ですが、適量の飲酒であれば良い効果もあります。

適量であれば、血圧を下げたり、善玉コレステロールを増やす、

またリラックス効果もあるといわれています。

 

飲酒をする場合は、医師のアドバイスを受けて指示を守ってください。

また、飲みすぎないように周りの人に監督してっもらうことも効果的です。

 

 

参考文献:内山真一朗 著,脳梗塞の予防・治療と生活のしかた,主婦と生活社

Image

まずは、ジョイリハNEXTの効果を実感してください。

特別体験プログラム実施中 特別体験プログラム実施中

特別体験プログラムの詳細・お申込みはこちら 特別体験プログラムの詳細・お申込みはこちら

お電話でのお問い合わせは電話受付時間10:00〜19:00(月・火・金・土)
03-6662-7565
03-6662-7565電話受付時間10:00〜19:00
(月・火・金・土)

ページトップ

お申込みお問い合わせは

  • メールで連絡
  • 電話で連絡