03-6662-7565

豆知識ブログ

2019年02月05日
その他

姿勢と運動

 

私たちは何気なく立つ、座る、歩く、走ると様々な動作をしていますが、その背景には様々なメカニズムが働いています。

 

【姿勢と運動の関係】

姿勢は静止している静的な状態で、運動は動的な状態であるように別物と思われるかもしれませんが、実は姿勢と運動は表裏一体の関係です。

 

例えば、直立姿勢で立っているときに手を挙げようとすると、バランスを取ろうと身体が反応することで、倒れることなく手を挙げる(運動)ことができます。

 

直立姿勢であっても姿勢は常に変化しながら運動をするために、常に準備を行い安定させる方向へと働きます。

 

【左右で運動のしやすさにばらつきがありませんか?】

例えば、左右どちらかの半身、もしくは手足の一部が麻痺をしていて動きにくい、あるいは腰痛があって左右どちらかに動くことができないなど、日頃意識していなくても気になる方がいるかもしれません。

 

片方の手足ばかりを偏って使っていると、身体のバランスが崩れ、使える部分にも痛みが発生し動きにくくなる可能性があります。

 

そのため、姿勢をなるべく正し、バランスを整える練習や左右均等に使う練習が必要となることがあります。

 

【まとめ】

一言で姿勢を正すといっても、背中を反りすぎたり、ただ真っ直ぐすることが正しいとは言えない場合もあります。

リハビリの専門家などと一緒に運動をするための適切な姿勢を探し、より動きやすい身体作りをしてみるのも重要かもしれません。

Image

まずは、ジョイリハNEXTの効果を実感してください。

特別体験プログラム実施中 特別体験プログラム実施中

特別体験プログラムの詳細・お申込みはこちら 特別体験プログラムの詳細・お申込みはこちら

お電話でのお問い合わせは電話受付時間10:00〜19:00(月・火・金・土)
03-6662-7565
03-6662-7565電話受付時間10:00〜19:00
(月・火・金・土)

ページトップ

お申込みお問い合わせは

  • メールで連絡
  • 電話で連絡