03-6662-7565

豆知識ブログ

2019年03月05日
その他

リハビリにおける「歩行」に対する考え方 

今回はセラピストの方向けのお話かもしれません。

あらかじめご了承ください。

 

リハビリの目標を決めるとき

よく耳にするのが

「歩けるようになりたい」

ということばです。

 

確かに歩けるようになりたいのは

本当の願いでしょう。

ただほとんどの人が

歩けるようになった先に目標があります。

 

「トイレに行く」

「寝室からTVを見るために居間に行く」

「ご飯を食べに行く」

「買い物に行く」

「仕事場に行く」

 

と私たちが生活するうえで

何気なく行っている行動には「歩行」が含まれています。

 

そうです。

「歩行」はあくまで目標を達成するための手段です。

人は歩いた先に何かがあるから歩きます。

だからこそ改善動作を

歩くことをだけにとらわれすぎてはいけません。

 

「歩行」ももちろん大切です。

しかし今後はさらになんで歩けるようになりたいのかを

良くかんがえたうえで

目標を設定し、リハビリに取り組むことで

今までよりもより意味のあるリハビリになることでしょう。

 

 

Image

まずは、ジョイリハNEXTの効果を実感してください。

特別体験プログラム実施中 特別体験プログラム実施中

特別体験プログラムの詳細・お申込みはこちら 特別体験プログラムの詳細・お申込みはこちら

お電話でのお問い合わせは電話受付時間10:00〜19:00(月・火・金・土)
03-6662-7565
03-6662-7565電話受付時間10:00〜19:00
(月・火・金・土)

ページトップ

お申込みお問い合わせは

  • メールで連絡
  • 電話で連絡