03-6662-7565

豆知識ブログ

2019年01月12日
歩行

【脳梗塞・脳出血のリハビリ】その杖、あなたの身体に合っていますか?

脳梗塞、脳出血後に手足に麻痺が残り、一人で歩くことが難しくなった場合、

歩行を補助する道具として「杖」を勧められる方もいると思います。

 

最近では、自治体でも配布していることがあり、100円ショップなどでも買えるようになりました。

とても身近な道具である「杖」ですが、自分の身体に合った使い方をしないと、

かえって歩行が不安定になったり、転倒するリスクもあるかもしれません。

今回は、杖の種類についてお伝えします!

 

 

【杖の種類ってどんなものがあるの?】

一口に杖と言っても、支えの強さによっていくつか種類があります。

今回は主に2つの杖について紹介します。

 

T字杖

一般に杖とイメージすると、この杖が思い浮かぶと思います。

ホームセンターや、最近では100円ショップでも購入でき、一番身近な杖です。

軽く、操作性が良いことが特徴ですが、

支える部分が1点であるため、他の杖と比べるとやや不安定です。

ある程度、自分の力で身体を支えられる人が用います。

 

また、折りたたみ出来る杖もあり、

普段は使わないけれど、

いざという時や長距離歩くときに使いたいという方にも向いています。

 

・4点杖

名前の通り、4本足の杖です。

4点で支えるため、杖自体が自立するほど安定しています。

そのため、T字杖では歩行が不安定な方に向いています。

しかしながら、4点全てが地面に設置しないような環境(例えば、でこぼこの砂利道など)では

かえってバランスを崩してしまうため、注意が必要です。

 

以上杖の種類についてお伝えしました。

今回紹介した杖は、ほんの一部です。

自分の身体の状態に合っているか、

理学療法士や作業療法士といったリハビリ職、福祉用具の業者などに聞いてみましょう。

次回は、杖を身体に合わせる方法について、ご紹介します!

Image

まずは、ジョイリハNEXTの効果を実感してください。

特別体験プログラム実施中 特別体験プログラム実施中

特別体験プログラムの詳細・お申込みはこちら 特別体験プログラムの詳細・お申込みはこちら

お電話でのお問い合わせは電話受付時間10:00〜19:00(月・火・金・土)
03-6662-7565
03-6662-7565電話受付時間10:00〜19:00
(月・火・金・土)

ページトップ

お申込みお問い合わせは

  • メールで連絡
  • 電話で連絡