03-6662-7565

豆知識ブログ

2019年04月06日
脳卒中

【脳梗塞のリハビリ】家屋改修のポイント!玄関編

脳梗塞、脳出血などで、手足に麻痺が残った場合、

今までの自宅の環境では、生活することが難しくなる場合があります。

その場合、退院前に自宅を改修する、

つまりバリアフリー仕様にリフォームすることを勧められることがあります。

 

でも、自宅の改修って一体どうしたらいいの!?

という方も多いのではないでしょうか。

 

改修を行う場合は、手すりなどの福祉用具の選定や、設置場所にポイントがあります。

今回は玄関のポイントについてお伝えします!

 

「玄関の難関…上がり框について」

 

皆さんは「上がり框(かまち)」という言葉を聞いたことがありますか?

多くの日本家屋の場合、靴を脱いで室内に上がるスタイルですので、

靴を脱ぐところから、一段室内が高い作りになっています。

この段差のことを「上がり框」と言います。

上がり框が高い場合、ここを昇り降りする工夫が必要になります。

 

・手すりをつける

ある程度、段差昇降できるお身体の状態であれば、手すりをつけることで、

段差昇降が容易になることがあります。

また、手すりをつけることが難しい場合、安定した靴箱などでも代用できます。

 

・踏み台を置く

段差が高く、一度には昇降できない場合、

踏み台を置くことで解決する場合があります。

踏み台は安定したものであれば良いですが、

介護保険をご利用であれば、福祉用具としてレンタルも可能です。

一度ケアマネージャーに相談してみましょう。

 

・段差昇降機を使う

車椅子などで、どうしても段差を昇ることが難しい場合、

段差昇降機を使う方法もあります。

これも介護保険でレンタルすることができますので、

ケアマネージャーに相談してみると良いでしょう。

 

今回は、道路から玄関についてご紹介しました。

今回紹介したものは、ほんの一部の例です。

 

いずれも、ご自身の身体にあった形を選択することをお勧めします。

 

理学療法士や作業療法士といったリハビリ職や、福祉用具の専門家、ケアマネージャに相談しましょう。

 

ジョイリハNEXTでは、自宅に実際に伺い、ご自宅の環境について、

ご利用者様のお身体の状態に合わせたご提案も可能です。

 

お困りの方はぜひ一度ご連絡ください!

Image

まずは、ジョイリハNEXTの効果を実感してください。

特別体験プログラム実施中 特別体験プログラム実施中

特別体験プログラムの詳細・お申込みはこちら 特別体験プログラムの詳細・お申込みはこちら

お電話でのお問い合わせは電話受付時間10:00〜19:00(月・火・金・土)
03-6662-7565
03-6662-7565電話受付時間10:00〜19:00
(月・火・金・土)

ページトップ

お申込みお問い合わせは

  • メールで連絡
  • 電話で連絡