03-6662-7565

豆知識ブログ

2019年06月17日
脳卒中

【手足のこわばり、つっぱり】リハビリ方法について

【手足のこわばり、つっぱり】リハビリ方法について

 

脳梗塞や脳出血のあと、手足がこわばったり、つっぱったりすることはありませんか?

そういった症状のことを、痙縮といいます。

 

例えば

・肘が曲がったまま動きにくく、着替えが大変

・手がグーのままで、手を洗いにくい

・足がつま先立ちのような状態で固まり、歩きにくい

・歩くと足の指が曲がってしまい、痛い

 

などの症状が現れます。

 

痙縮の状態が長く続くと、関節自体が固まってしまい、拘縮という状態になることもあります。

こうなると、さらに日常生活が困難になってしまいます。

 

痙縮の治療方法は大きく分けて

・薬物療法

・リハビリ

 

の2つがあります。

 

今回は、リハビリについてお伝えします!

 

痙縮のリハビリについては

①経皮的電気刺激

②ストレッチ、関節可動域訓練

③装具療法

などがあります。

 

①経皮的電気刺激

脳卒中ガイドライン2015では、痙縮に対し、

経皮的電気刺激(Transcutaneous electrical nerve stimulation; TENS(テンス)と読みます)

を試行することが勧められています。

 

TENSは、刺激頻度や期間によって効果に差が出ていますので、

医師や理学療法士、作業療法士と相談しリハビリを勧めましょう。

 

ジョイリハNEXTでも、電気刺激の装置をご用意しております。

ご興味のある方は、ぜひご連絡ください!

 

次回は、②ストレッチ、関節可動域訓練、③装具療法について説明します!

 

【参考書籍】

日本脳卒中学会 脳卒中ガイドライン委員会:脳卒中治療ガイドライン2015[追補2017]

Image

まずは、ジョイリハNEXTの効果を実感してください。

特別体験プログラム実施中 特別体験プログラム実施中

特別体験プログラムの詳細・お申込みはこちら 特別体験プログラムの詳細・お申込みはこちら

お電話でのお問い合わせは電話受付時間10:00〜19:00(月・火・金・土)
03-6662-7565
03-6662-7565電話受付時間10:00〜19:00
(月・火・金・土)

ページトップ

お申込みお問い合わせは

  • メールで連絡
  • 電話で連絡