デイサービス ジョイリハ | 介護予防に特化したリハビリ施設

文字サイズ
資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ
1日3時間のリハビリ習慣 ジョイリハ > ジョイリハからの豆知識 > 脳血管疾患

スタッフブログ

スタッフブログ

2016.12.23

高齢者の入浴効果

公開日:2016.12.23

おはようございます。

 

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは

「高齢者の入浴の効果」についてです。

 

だんだんと気温が寒くなり、お風呂にゆっくり浸かる方も多いのでは

ないでしょうか?

高齢者の入浴にはさまざまな効果があります。

 

①清潔を保つ

高齢者にとって皮膚を清潔に保つことはとても大切です。

雑菌の繁殖を招く汗などの老廃物を流し、床ずれやかぶれを防ぎます。

 

②新陳代謝の促進

洗身や洗髪で刺激を与え湯船で体を温めると血行が良くなります。

冷え性や血行不良、運動不足や疾患で関節がこわばっている方にとっては

入浴が手軽な解決法になります。

 

③安眠効果

活動量が落ちた高齢者にとっては入浴も一つの運動です。

血行が良くなり発汗すると心地よい疲れが訪れ、副交感神経が刺激され

自然な眠りに付く事ができます。

 

④リラックス、気分転換

食事と同様に入浴も高齢者にとって大きな気分転換であり

楽しみとなります。

湯船に浸かる開放感が全身をリラックスさせます。

 

しかし、高齢者の場合は冬場に特に入浴事故が発やすいと言われています。

浴室やお湯の温度、水圧の影響を受け心臓や血管に発作が起こり、

転倒や浴槽で溺れるなどの事故に繋がります。

 

体への負担を少なく入浴するには

ぬるめの38度〜39度のお湯で15分〜20分程度浸かるのが

良いでしょう。

 

またお酒を飲んで酔っ払っている時や血圧に異常がある時、

捻挫をした時や風邪を引いた時には入浴を避けた方が良いです。

 

高齢者にとって入浴は生活の質を高める上で欠かせないものですが

一つ間違えれば命取りになる事もあります。

体に負担のないように注意しながら、

ゆっくりくつろいで入浴を楽しみましょう!

%e5%85%a5%e6%b5%b4

資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。TEL:03-6659-6491
資料請求・お問い合わせ

最新の記事

カテゴリー