デイサービス ジョイリハ | 介護予防に特化したリハビリ施設

文字サイズ
資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ
1日3時間のリハビリ習慣 ジョイリハ > ジョイリハからの豆知識 > 口腔・嚥下

スタッフブログ

スタッフブログ

2016.11.23

誤嚥性肺炎について

公開日:2016.11.23

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「誤嚥性肺炎」についてです。

 

肺炎が原因で亡くなられる方のおよそ9割は75歳以上の高齢者の方で、

そのうち、7割以上は「誤嚥性肺炎」が原因と言われてます。

誤嚥性肺炎の原因は、食べた物が気管に入ってしまい、

そこから炎症を起こしてしまいます。

高齢者に多い要因としては、飲み込む力の低下やむせてしまった時に、

十分に異物を外に出せないため、症状が悪化してしまうことが多いです。

皆様、一度は聞いた事のある病気かもしれませんが、

今回はその「予防法」をご紹介致します。

 

①まずは頬を膨らまし、すぼめる。

%e5%8f%a3%e3%82%92%e8%86%a8%e3%82%89%e3%81%be%e3%81%99

  %e7%9f%a2%e5%8d%b0

%e5%8f%a3%e3%82%92%e7%aa%84%e3%82%81%e3%82%8b

繰り返し行う事で、口のストレッチになります。

 

②舌を左右に動かす。

%e5%8f%b3%e3%81%ab%e5%8b%95%e3%81%8b%e3%81%99

    %e7%9f%a2%e5%8d%b0

%e5%b7%a6%e3%81%ab%e5%8b%95%e3%81%8b%e3%81%99

舌のはたらきは、口に含んだ物をまとめて、

食道に送り込むことができます。

 

③「かかかかか」とできるだけ速く、大きな声で発声をする。

%e7%99%ba%e5%a3%b0

できるだけ長く発声します。

「か」という発声は喉の奥を使うので、

飲み込みをスムーズにする効果があります。

この体操で、口に物を含んでから、飲み込むまでのストレッチができます。

お食事前に行う事で、「誤嚥」の予防効果があります。

 

最近むせ込むことが多くなったと感じたり、

ご家族様にいらっしゃる場合は、是非試してみてください!

資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。TEL:03-6659-6491
資料請求・お問い合わせ

最新の記事

カテゴリー