デイサービス ジョイリハ | 介護予防に特化したリハビリ施設

文字サイズ
資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ
1日3時間のリハビリ習慣 ジョイリハ > ジョイリハからの豆知識 > ドライアイ

スタッフブログ

スタッフブログ

2017.12.08

ドライアイ

公開日:2017.12.08

おはようございます。

本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、

「ドライアイ」についてです。

 

目が疲れる、ゴロゴロするなどの不快感、目の痛み、

見えにくいといった症状に悩んでいませんか?

もしかすると、「ドライアイ」かもしれません。

ドライアイの原因を知り、対策を行っていきましょう!

 

ドライアイとは、なんらかの原因によって

目を保護している涙液が不足したり、涙の質の異常が起こることで、

目の表面が乾いてしまう症状の病気です。

 

目が乾くと、表面に細かい傷ができ、傷から菌が入り込んで角膜炎、

悪い場合は角膜移植が必要になることがあります。

 

では、なぜそのようなことが起こるのか原因と改善策をご紹介します。

 

●ドライアイの原因

・瞬きの回数が減る。

 スマホやパソコンの画面を注視したり、読書、運転をすると

 瞬きの回数が減ります。

 

・瞬き不全

 瞬き不全とは、瞬きが途中で終わって瞼が完全に閉じきれない状態で、

 目の周りの筋肉が衰える中高年や筋肉の発育の良くない若者に

 増えているそうです。

 

・コンタクトレンズ

 コンタクトレンズを装用すると、ドライアイでない人でも

 目が乾きやすくなり、ドライアイの人が装用すると

 悪影響が出やすくなります。

 

・乾燥

 部屋が乾燥しているとドライアイになりやすくなります。

 

・加齢

 年齢とともに涙の分泌量が低下します。

 

●改善策

・スマホやパソコンをよく見る人は、定期的に目を休める。

 

・瞬きの回数を意識的に増やす。

 

・遠くを見たり、目を動かして目の緊張を和らげる。

 

・蒸しタオルで目を温め血行促進を図る。

 

・睡眠をよくとる。

 

・目薬を利用する。

 

・コンタクトレンズを正しく使用する。

 

・部屋の湿度を保つ。

 

このような改善策をできるだけ実施し、ドライアイを防いでいきましょう!

資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。TEL:03-6659-6491
資料請求・お問い合わせ

最新の記事

カテゴリー